このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
ミニ日経平均先物投資!

■株式投資!TOP

■ミニ日経平均先物投資!TOP

■ミニ日経平均先物取引の基礎
 ミニ日経平均先物とは
 ミニ日経平均先物の魅力
 ミニ日経平均先物のリスク
 レバレッジとは
 差金決済とは
 その他取引の仕組み
 基本的な用語集

■取扱証券会社徹底比較
 取引会社選択のポイント
 おすすめ証券会社@
 おすすめ証券会社A
 売買手数料で比較
 入出金の利便性で比較
 特殊注文で比較

■特殊注文の解説
 通常注文
 逆指値注文とは
 逆指値注文の活用例@
 逆指値注文の活用例A
 ペア注文
 ステップ注文
 ステップペア注文

■リスク管理方法
 リスクを認識する
 余裕資金で取引する
 許容損失額を設定する
 実際の取引金額を認識する
 適正な証拠金とは

■相場の変動要因
 裁定取引
 裁定買い残
 CME日経225
 機械受注統計
 日銀短観
 外国為替市場の動向

■その他
 管理人の売買実績
 裁定買い残データへのリンク
 CME日経225清算値へのリンク
 機械受注統計(内閣府)リンク
 日銀短観へのリンク


 

ミニ日経平均先物/取引会社選択のポイント

 ここでは、これからミニ日経平均先物取引にチャレンジしてみようと考えている方のために、取引会社選択のポイントを解説しています。

 ミニ日経平均先物の取引会社を選択する上では、以下の1〜5のポイントを考慮してみると良いでしょう。

1.手数料が安いか
2.入出金が便利か
3.特殊注文機能が豊富か
4.先物取引専業証券会社の口座を一つ保有すること
5.株式投資用の証券会社とは別の証券会社にすること


1.手数料が安いか
 株式投資の場合も同じですが、ミニ日経平均先物の取引会社を選択する上で最も重要なポイントはやはり取引手数料でしょう。

 例えば、15,000円でミニ日経平均先物を1枚買い建てて、15,010円で返済売り(デイトレ)した場合を考えて見ましょう。

片道手数料が105円(日計り決済手数料は無料)の会社では895円(=1000円−105円)の利益となりますが、片道手数料が210円の会社では、580円(=1000円−210円×2)の利益となってしまいます。

 このように、手数料が高ければ高いほど、自分の利益が少なくなってしまうので、やはり手数料はできるだけ安い方がいいですよね。

 ちなみに、2008年11月1日時点では、片道105円前後の売買手数料が最安値水準です。

 私が現在メインで取引しているのは、トレイダーズ証券ですが、片道売買手数料が105円(日計り決済手数料が無料)となっており一番おすすめです。

 手数料については、売買手数料で比較のコーナーで各証券会社の売買手数料を詳細に比較していますので、興味のある方はチェックしてみてください。


2.入出金が便利か
 入出金の利便性も、ミニ日経平均先物の取引会社を選択する上で重要なポイントです。

 入出金を行う際に、余計な手数料を取られたり、口座への反映に時間がかかったり、わざわざ銀行のATMに入金しに出かけないといけない取引会社だと、非常に不便です。

 やはり、ネットバンキングによるリアルタイム入出金ができる取引会社を選択すると便利でしょう。

 私が活用しているトレイダーズ証券では、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、郵便局、イーバンク銀行、ジャパンネット銀行といった主要ネットバンクのリアルタイム入出金が対応しています

 ネットバンキングによるリアルタイム入出金への対応については、入出金の利便性で比較のコーナーで各証券会社を詳細に比較していますので、興味のある方はチェックしてみてください。


3.特殊注文機能が豊富か
 ミニ日経平均先物取引は、リスク管理が勝負の決め手になります。

 リスク管理をする上で強力な武器となるのが、逆指値注文、イフダン注文などといった特殊注文機能です。(特殊注文の活用方法については、特殊注文の解説のコーナーで詳細に解説しています)。

 こうした特殊注文機能を数多く用意しているかどうかも、取引会社を選択する上での重要なポイントです。

 私が活用しているトレイダーズ証券では、逆指値、ステップ、ペア、ステップペア注文など、ミニ日経平均先物取り引きで有効な特殊注文がすべてそろっています。

 特殊注文については、特殊注文で比較のコーナーで、各証券会社が用意している特殊注文機能を徹底比較していますので、興味のある方はチェックしてみてください。


4.先物取引専業証券会社の口座を一つ保有すること
 ミニ日経平均先物などの株価指数先物取引は、最近では一般の証券会社でも取り扱うようになりましたが、もともとは、トレイダーズ証券などの先物取引専業会社の独占上でした。

 このような専業証券会社のサービスは、一般の証券会社のサービスと比較して一日の長があります。

 先物取引専業証券会社は、特殊注文、様々なテクニカル分析機能付きのチャート、情報ツールが非常に充実していており、情報収集用に口座を一つ保有しておくと有利です。


5.株式投資用の証券会社とは別の会社にする
 株式投資用の口座に多くの資金を入金していると、余力は自動的にMRFで運用され、銀行の普通預金よりも少し高い金利が付きます。

しかし、ミニ日経平均先物の取引口座を開設すると、MRFが自動的に解約されてしまいます(MRFで自動運用すると、証拠金への振替が即時にできなくなるためです)。

 したがって、ミニ日経平均先物の取引口座は、株式投資用の主力資金を入金している口座とは別会社にして、必要な証拠金を最低限入金するようにした方が運用上もリスク管理上も有利です。

 意外と見落としがちなので、この点は注意しましょう。


トレイダーズ証券の特徴(ミニ日経平均先物取引)
証券会社名 片道売買手数料
リアルタイム入金
(105〜210円)
特殊注文 オンライン口座開設
トレイダーズ証券 105円

三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
郵便局
ジャパンネット銀行
イーバンク銀行

逆指値注文
ペア注文
ステップ注文
ステップペア注文

トレードスタジアム
 
自分でオリジナルの戦略も組み立てることができるシステムトレード機能(自動売買機能)!
 10万円以上の口座残高があれば、無料で利用できるサービス!!


■トレイダーズ証券はオンライン口座開設が便利!
1. トレイダーズ証券のオンライン口座開設のコーナーにアクセスする。
2. トレイダーズ証券の約款・規定等に同意する。
3. 名前・住所・銀行口座など必要事項を登録する。
   (この時点で仮登録完了)
4. 身分証明のコピーを送付する(FAXまたは郵送)。
5. トレイダーズ証券から口座開設通知書が送られてくる(1週間程度後)。

 口座開設の手続きは、これだけです。