このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
ミニ日経平均先物投資!

■株式投資!TOP

■ミニ日経平均先物投資!TOP

■ミニ日経平均先物取引の基礎
 ミニ日経平均先物とは
 ミニ日経平均先物の魅力
 ミニ日経平均先物のリスク
 レバレッジとは
 差金決済とは
 その他取引の仕組み
 基本的な用語集

■取扱証券会社徹底比較
 取引会社選択のポイント
 おすすめ証券会社@
 おすすめ証券会社A
 売買手数料で比較
 入出金の利便性で比較
 特殊注文で比較

■特殊注文の解説
 通常注文
 逆指値注文とは
 逆指値注文の活用例@
 逆指値注文の活用例A
 ペア注文
 ステップ注文
 ステップペア注文

■リスク管理方法
 リスクを認識する
 余裕資金で取引する
 許容損失額を設定する
 実際の取引金額を認識する
 適正な証拠金とは

■相場の変動要因
 裁定取引
 裁定買い残
 CME日経225
 機械受注統計
 日銀短観
 外国為替市場の動向

■その他
 管理人の売買実績
 裁定買い残データへのリンク
 CME日経225清算値へのリンク
 機械受注統計(内閣府)リンク
 日銀短観へのリンク


 

差金決済とは

 ミニ日経平均先物取引の決済は、差金の授受で行われます。

 つまり、取引により生じた損益の部分(差金)のみを受渡しするわけです。

 例えば、17,000円でミニ日経平均先物を1枚買って、17,100円で売った場合は、(17,100円−17,000円)×1枚×100倍=1万円の利益のみを受け取ることになります。

 逆に、17,000円でミニ日経平均先物を1枚買って、16,900円で損切りした場合は、(17,000円−16,900円)×1枚×100倍=1万円の損失となりますので、証拠金から1万円差し引かれて決済されます。

 このように、ミニ日経平均先物取引は差金決済の仕組みを取っており、代金全額の払いがないので、取引(契約)を担保するために証拠金が必要となるわけです。

 また、投資家が損失を出した場合でも、証券会社としては差金決済をすればよいので、証拠金の範囲内で投資家の損失が収まっていれば、証券会社に損害が発生することがないため、証拠金の何十倍もの取引(レバレッジを効かせた取引)が可能となるのです。

 そもそも、日経先物取引は日経平均株価を対象とした株価指数先物取引であり、日経平均株価自体は指数ですので現物を受渡しすることができないため、取引は差金の授受で行われるのです。