このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
IPO(新規公開株)の魅力

 IPO投資には短期的な魅力と長期的な魅力があります。

 ここでは、IPO投資の魅力について簡単に解説します。

1.短期的な魅力

 IPOはプラチナチケットだと言われています。

 おそらく、数百倍の倍率の抽選で当たらなければ入手できないような状況だと思います。

 裏を返せば、運良く当選すれば、欲しいという人はたくさんいるわけですから、高い値段で売ることができるわけです。

 実際、IPOの初値が、公募価格の2倍、3倍となるケースがざらにあります。

 さらに、上場直後に株式分割を発表するなどにより、株価が大暴騰し、公募価格の10倍ぐらいまで上昇することもあるのです。

 このように、IPOには、短期的な値上がり益という魅力があるのです。

2.長期的な魅力
 
 この長期的な魅力が、IPO本来の魅力といえます。

 新規上場企業の中には、今後、大きな成長が期待される企業があります。

 投資した企業が大成長すれば、株価上昇や株式分割により、信じられないようなリターンを得ることができます。

 最も有名な事例は、セブンイレブンやヤフー株です。

 例えば、セブンイレブンは、1979年に東証第2部に上場しました。

 初値は1800円、1000株単位なので、初期投資は180万円です。

 それが、今(2005年1月)いくらになっていると思いますか?

 なんと、1億1,421万円(+配当金約1,000万円)です!

 最初1,000株だったセブンイレブン株は、現在、無償増資と株式分割により38,070株となっています。

 現在の株価は約3,000円です。

 計算してみて下さい!

 1999年の高値15,000円付近で売り抜けていれば・・・、その5倍です!!

 このように、IPOには、自分が投資した会社が大成長することによる莫大な利益という長期的な魅力があります。

 将来のセブンイレブンを発掘する、これもIPOの大きな魅力と言えましょう。

 反面、新興市場ですから、事業がうまくいかずに倒産してしまい、株券が紙くずに・・・というリスクも高いのだということを認識しておいて下さい。