このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
IPOへ投資しよう!

■株式投資!TOP
■IPOへ投資しよう TOP

■IPOへ投資しよう!

 IPOとは
 IPO投資の魅力
 IPO投資のリスク

■IPOの抽選への参加方法
 IPOの申し込み方法
 目論見書に目を通す
 ブックビルディングに参加する
 資金拘束期間とは
 公募価格決定〜抽選・購入申込

■IPO当選のコツ
 数多くの証券会社から申込む
 配分の多い証券会社から申込む
 完全抽選制の証券会社で申込む
 資金を効率的に活用する

■IPO当選に有利な証券会社
 証券会社IPO取扱実績比較
 IPO抽選制度の比較
 ジョインベスト証券(おすすめ)
 マネックス証券(おすすめ)
 オリックス証券
 松井証券
 カブドットコム証券
 ジェット証券
 クリック証券
 エイチ・エス証券
 フィスコのIPO情報が無料で閲覧できる証券会社(かざか証券)

■公募割れIPOを避けるコツ
 公募割れIPOの避けるコツ

 直近2〜3ヶ月のIPOを分析する
 IPOの上場市場をチェックする
 IPOの上場規模をチェックする
 IPOの単元株数をチェックする
 IPOの企業の業態をチェックする
 その他のチェックポイント

■IPOの基礎知識
 ロックアップとは
 オーバアロットメントとは
 ストックオプションとは
 即金規制とは
 マーケットメイク銘柄とは
 創業者利益とは
 IPO投資の資金調達方法

■新興市場の解説
 東証マザーズとは
 大証ヘラクレスとは
 NEOとは


■IPOデータ
 2008年IPOデータ
 2007年IPOデータ
 2006年IPOデータ


公募割れIPOを避けるためのポイント/IPOの上場市場をチェックする

 IPOの上場市場は、東証一部、東証二部、JASDAQ、東証マザーズ、大証ヘラクレス、NEO、札幌アンビシャス、名証セントレックス、福岡Qボードがあります。

 IPOが人気化するか否かは、上場する市場によって大きく左右されます。


■2008年の上場市場ごとのIPOの初値結果
 例えば、以下の表(2008年1月〜3月の上場市場ごとのIPOの初値結果)を御覧になって頂きたいと思います。

上場市場ごとのIPOの初値結果(2008年1月〜3月)
IPO上場市場 上場数 初値>公募価格 初値=公募価格 公募割れ 
東証一部 0 0 0 0
東証二部 3 0 0 3
JASDAQ 7 2 0 5
東証マザーズ 6 6 0 0
大証ヘラクレス 2 2 0 0
NEO 1 0 0 1
札証 1 0 0 1
名証 1 0 0 1
福証 0 0 0 0

 東証マザーズ、大証ヘラクレスは公募割れなしで 初値上昇率も35〜213%と好成績を収めています。

 その他の市場は(IPOの上場がなかった市場もありますが)、「手出し無用」と判断できます。

 悩むところがJASDAQですが、公募割れしなかった2銘柄は、大西電気(任天堂関連として人気化した)とセブン銀行(セブンイレブン系列の銀行ということで注目を集めた)というように、人気化する特殊な事情があったためであると考えられます。

 以上より、当面は東証マザーズ、大証ヘラクレス以外は手出し無用ということになりましょう。



2007年の上場市場ごとのIPOの初値結果
次に、以下の表は、2007年に上場したIPOの初値結果を上場市場ごとにまとめたものです。

上場市場ごとのIPOの初値結果(2007年)
IPO上場市場 上場数 初値>公募価格 初値=公募価格 公募割れ 
東証一部 6 3 0 3
東証二部 7 3 0 4
JASDAQ 46 37 3 6
東証マザーズ 23 20 0 3
大証ヘラクレス 25 22 0 3
NEO 3 2 0 1
札証 5 1 0 4
名証 3 0 0 3
福証 3 1 0 2
合計 121 89 3 29

 東証マザーズ、大証ヘラクレスは、好調を維持していることがわかります。

 札証、名証、福証の地方市場は、2007年から圧倒的に公募割れが多く、「手出し無用」の傾向が続いています。

 東証一部、二部は、五分五分で、手出しする場合は、きちんと地合いや銘柄を分析する必要があるでしょう。

 傾向が変わってきたのはJASDAQで、2007年は比較的好調でしたが、2008年に入ると公募割れが続出するようになってきました。



 IPOの投資効率を高めるためにも、過去2〜3ヶ月のIPOを分析した上で、公募割れリスクの高い市場に上場するIPOに敢えて手出しするリスクを冒さないように注意しましょう。


公募割れIPOを避けるためポイント

公募割れリスクの高い市場のIPOは避ける!