このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
IPOへ投資しよう!

■株式投資!TOP
■IPOへ投資しよう TOP

■IPOへ投資しよう!

 IPOとは
 IPO投資の魅力
 IPO投資のリスク

■IPOの抽選への参加方法
 IPOの申し込み方法
 目論見書に目を通す
 ブックビルディングに参加する
 資金拘束期間とは
 公募価格決定〜抽選・購入申込

■IPO当選のコツ
 数多くの証券会社から申込む
 配分の多い証券会社から申込む
 完全抽選制の証券会社で申込む
 資金を効率的に活用する

■IPO当選に有利な証券会社
 証券会社IPO取扱実績比較
 IPO抽選制度の比較
 ジョインベスト証券(おすすめ)
 マネックス証券(おすすめ)
 オリックス証券
 松井証券
 カブドットコム証券
 ジェット証券
 クリック証券
 エイチ・エス証券
 フィスコのIPO情報が無料で閲覧できる証券会社(かざか証券)

■公募割れIPOを避けるコツ
 公募割れIPOの避けるコツ

 直近2〜3ヶ月のIPOを分析する
 IPOの上場市場をチェックする
 IPOの上場規模をチェックする
 IPOの単元株数をチェックする
 IPOの企業の業態をチェックする
 その他のチェックポイント

■IPOの基礎知識
 ロックアップとは
 オーバアロットメントとは
 ストックオプションとは
 即金規制とは
 マーケットメイク銘柄とは
 創業者利益とは
 IPO投資の資金調達方法

■新興市場の解説
 東証マザーズとは
 大証ヘラクレスとは
 NEOとは


■IPOデータ
 2008年IPOデータ
 2007年IPOデータ
 2006年IPOデータ


公募割れIPOを避けるためのポイント/IPOの上場規模をチェックする

 IPOの上場規模、すなわち、上場時の市場からの調達資金額も、IPOの初値形成に大きな影響を与えます。

 以下の図は、2007年に上場したIPOの初値上昇率と市場資金吸収額について散布図にしたものです。

 基本的には、市場資金吸収額と初値上昇率には相関関係が見られ、吸収額が大きいと初値上昇率が小さくなり、吸収額が小さいと初値上昇率が大きくなる傾向があります。

 また、2007年は、IPOの初値形成が上場市場に大きく左右される傾向があったので、上場市場別に分析してみると、以下のような傾向が分析できます。


 東証一部上場銘柄の場合は、機関投資家からの買いも期待できるため、市場からの調達資金額が大きくても公募割れリスクは小さい。
 ただし、初値上昇率が大きくなることもない。

 東証マザーズ、大証ヘラクレス、NEOの場合は、市場からの調達資金額が大きすぎると、それだけで初値買いが敬遠される傾向がある。

 東証2部、JASDAQ、札幌アンビシャス、名証セントレックス、福岡Qボードに上場するIPOは、吸収額如何にかかわらず、人気化する可能性は低い。


 いずれにしても、IPO投資の銘柄を検討する際は、上場規模、すなわち市場からの調達資金額を必ずチェックするようにしましょう。