このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
IPOへ投資しよう!

■株式投資!TOP
■IPOへ投資しよう TOP

■IPOへ投資しよう!

 IPOとは
 IPO投資の魅力
 IPO投資のリスク

■IPOの抽選への参加方法
 IPOの申し込み方法
 目論見書に目を通す
 ブックビルディングに参加する
 資金拘束期間とは
 公募価格決定〜抽選・購入申込

■IPO当選のコツ
 数多くの証券会社から申込む
 配分の多い証券会社から申込む
 完全抽選制の証券会社で申込む
 資金を効率的に活用する

■IPO当選に有利な証券会社
 証券会社IPO取扱実績比較
 IPO抽選制度の比較
 ジョインベスト証券(おすすめ)
 マネックス証券(おすすめ)
 オリックス証券
 松井証券
 カブドットコム証券
 ジェット証券
 クリック証券
 エイチ・エス証券
 フィスコのIPO情報が無料で閲覧できる証券会社(かざか証券)

■公募割れIPOを避けるコツ
 公募割れIPOの避けるコツ

 直近2〜3ヶ月のIPOを分析する
 IPOの上場市場をチェックする
 IPOの上場規模をチェックする
 IPOの単元株数をチェックする
 IPOの企業の業態をチェックする
 その他のチェックポイント

■IPOの基礎知識
 ロックアップとは
 オーバアロットメントとは
 ストックオプションとは
 即金規制とは
 マーケットメイク銘柄とは
 創業者利益とは
 IPO投資の資金調達方法

■新興市場の解説
 東証マザーズとは
 大証ヘラクレスとは
 NEOとは


■IPOデータ
 2008年IPOデータ
 2007年IPOデータ
 2006年IPOデータ


公募割れIPOを避けるためのポイント/IPOの業態をチェックする

 上場企業の業態も、IPOの初値形成に大きな影響を与えます。

 IPOは、IT系やなど、新規性の高い業態が人気化する傾向があります。

 一方で、小売業、製造業、飲食チェーン店、不動産販売業など、昔からある業態、オールドエコノミーな業態は、成長性も限られており、同業他社も多いため人気化しません。

 ただし、オールドエコノミーな業態であっても、ビジネスモデルに新規性がある場合は人気化することもあります。

 例えば、以下の表は、2008年3月に上場したIPOで公募割れした銘柄について、その企業の業態をザックリ示したものです。

上場日 コード 市場 名称 主幹事 公募値 初値 公開株数 売買単位 初値上昇率 吸収額(億) 業態
3月5日 4571 マザーズ ナノキャリア 野村 20,000 27,000 37,950 1 35% 7.6 バイオ系
3月6日 3622 マザーズ ネットイヤーグループ 大和 32,000 100,000 12,328 1 213% 3.9 ネット系
3月13日 2175 マザーズ エス・エム・エス 新光 230,000 450,000 2,400 1 96% 5.5 医療系人材紹介
3月18日 3624 マザーズ アクセルマーク 新光 170,000 235,000 6,000 1 38% 10.2 ネット系
3月19日 3623 マザーズ ビリングシステム 野村 130,000 204,000 2,300 1 57% 3.0 ネット系
3月19日 3259 JASDAQ グローバル住販 みずほインベスターズ 108,000 78,000 4,700 1 -28% 5.1 不動産販売
3月19日 3096 JASDAQ オーシャンシステム 新光 400 360 2,000,000 1,000 -10% 8.0 スーパー
3月25日 4572 NEO カルナバイオサイエンス 三菱UFJ 110,000 99,300 10,000 1 -10% 11.0 バイオ系
3月26日 6252 東証2部 TAIYO 野村 150 140 11,871,000 1,000 -7% 17.8 機械
(再生上場)
3月26日 3097 JASDAQ 物語コーポレーション 大和 2,000 1,797 302,400 100 -10% 6.0 焼肉屋
3月27日 3260 名証セントレックス ゲオエステート 東海東京 650 540 345,000 100 -17% 2.2 不動産販売
3月27日 3625 HCG テックファーム SMBC 80,000 151,000 4,000 1 89% 3.2 ネット系

 上記、公募割れ銘柄群を見ても、単なる地場のスーパーマーケット、飲食チェーン店、地場の不動産販売業など、新規性のない業態ばかりです。

 逆にネット系を中心とした新規性が感じられる業態のIPOは、公募割れをまぬがれています。

 上場企業の業態も、IPO投資の判断には欠かせない要素です。

 また、いわゆる再生上場銘柄も公募割れリスクが高いので避けるべきです。

 一度倒産(民事再生の申請等)して、再生上場するような銘柄は、IPOでは人気化しません。

 IPO人気が過熱しているときならば、そこそこの初値を形成しますが、通常の場合は公募割れのリスクが非常に高いです。

 IPOは月に何十銘柄もありますので、敢えて再生上場銘柄のようなリスクの高い銘柄に投資する必要はありません。