このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
IPOへ投資しよう!

■株式投資!TOP
■IPOへ投資しよう TOP

■IPOへ投資しよう!

 IPOとは
 IPO投資の魅力
 IPO投資のリスク

■IPOの抽選への参加方法
 IPOの申し込み方法
 目論見書に目を通す
 ブックビルディングに参加する
 資金拘束期間とは
 公募価格決定〜抽選・購入申込

■IPO当選のコツ
 数多くの証券会社から申込む
 配分の多い証券会社から申込む
 完全抽選制の証券会社で申込む
 資金を効率的に活用する

■IPO当選に有利な証券会社
 証券会社IPO取扱実績比較
 IPO抽選制度の比較
 ジョインベスト証券(おすすめ)
 マネックス証券(おすすめ)
 オリックス証券
 松井証券
 カブドットコム証券
 ジェット証券
 クリック証券
 エイチ・エス証券
 フィスコのIPO情報が無料で閲覧できる証券会社(かざか証券)

■公募割れIPOを避けるコツ
 公募割れIPOの避けるコツ

 直近2〜3ヶ月のIPOを分析する
 IPOの上場市場をチェックする
 IPOの上場規模をチェックする
 IPOの単元株数をチェックする
 IPOの企業の業態をチェックする
 その他のチェックポイント

■IPOの基礎知識
 ロックアップとは
 オーバアロットメントとは
 ストックオプションとは
 即金規制とは
 マーケットメイク銘柄とは
 創業者利益とは
 IPO投資の資金調達方法

■新興市場の解説
 東証マザーズとは
 大証ヘラクレスとは
 NEOとは


■IPOデータ
 2008年IPOデータ
 2007年IPOデータ
 2006年IPOデータ


新市場NEOとは(ネオとは)

■新市場NEOとは(ネオとは)
 NEOは、2007年にJASDAQ証券取引所が設立した新市場のことで、新技術の開発実用化を目指すベンチャー企業向けの新興市場です。

 JASDAQは、東証マザーズやヘラクレスといった他の新興市場とは異なり、40年以上の歴史がありますが、JASDAQ市場のイメージが新規性に欠ける一方で、上場基準が東証一部や東証二部と比べるとかなり緩いことから、設立後かなり経過した地味、堅実、低成長企業の上場が多くなっています。

 そのような状況下で設立されたのが新市場NEOです。

 ちなみに、NEOは、「New(新しい)」「Entrepreneurs(企業家達の)」「Opportunity(機会)」の頭文字を取ったものです。

■NEOの上場審査基準
 NEOの上場審査基準は以下のとおりです。

NEOの上場審査基準

・株主数・・・上場までに株主数を300人以上とすること
・上場時時価総額・・・10億円以上
・純資産額・・・直前事業年度末日の純資産額が負でないこと
・売上高・・・基礎になっている事象について、売上高が上場申請日の前日までに計上されていること
・上場に当たって1,000単元以上の公募又は売り出しを行うこと(公募は500単元以上)

 など


■NEO上場IPOの過去の実績データ
 NEO上場IPOの過去の実績は、以下のとおりです。

IPOの数 初値>公募価格 初値=公募価格 公募割れ
(初値<公募価格)
2008年(1〜3月) 1 0 0 1
2007年 3 2 0 1

 NEO上場の第一号案件は、2007年11月13日上場のユビキタスで、公募価格10万円に対し、初値が40万と4倍の初値を付けて好発進しました。

 その後、12月6日上場のウェブマネーが、上場第2号案件として、これも公募価格10万円に対し、初値が35万と続いています。

 しかしながら、第3号案件のジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは、公募価格12万円に対し、初値が9万6000円の公募割れという結果になりました。

 NEO市場が、札証アンビシャス、名証セントレックス、福岡Qボードのように沈んでしまうのか、それとも、東証マザーズや大証ヘラクレスのような、IPO市場の期待の星となるのか、今後の上場案件の動向から目が離せません。