このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
IPOへ投資しよう!

■株式投資!TOP
■IPOへ投資しよう TOP

■IPOへ投資しよう!

 IPOとは
 IPO投資の魅力
 IPO投資のリスク

■IPOの抽選への参加方法
 IPOの申し込み方法
 目論見書に目を通す
 ブックビルディングに参加する
 資金拘束期間とは
 公募価格決定〜抽選・購入申込

■IPO当選のコツ
 数多くの証券会社から申込む
 配分の多い証券会社から申込む
 完全抽選制の証券会社で申込む
 資金を効率的に活用する

■IPO当選に有利な証券会社
 証券会社IPO取扱実績比較
 IPO抽選制度の比較
 ジョインベスト証券(おすすめ)
 マネックス証券(おすすめ)
 オリックス証券
 松井証券
 カブドットコム証券
 ジェット証券
 クリック証券
 エイチ・エス証券
 フィスコのIPO情報が無料で閲覧できる証券会社(かざか証券)

■公募割れIPOを避けるコツ
 公募割れIPOの避けるコツ

 直近2〜3ヶ月のIPOを分析する
 IPOの上場市場をチェックする
 IPOの上場規模をチェックする
 IPOの単元株数をチェックする
 IPOの企業の業態をチェックする
 その他のチェックポイント

■IPOの基礎知識
 ロックアップとは
 オーバアロットメントとは
 ストックオプションとは
 即金規制とは
 マーケットメイク銘柄とは
 創業者利益とは
 IPO投資の資金調達方法

■新興市場の解説
 東証マザーズとは
 大証ヘラクレスとは
 NEOとは


■IPOデータ
 2008年IPOデータ
 2007年IPOデータ
 2006年IPOデータ


IPOのブックビルディングとは

■IPOのブックビルディングとは
 IPOのブックビルディングとは、IPOの募集・売出価格(公募価格)を決定するために行われるプロセスのことで、IPOの抽選に応募する際に必ず参加しなければならない手続です。

 ブックビルディングは、日本語では「需要申告」と訳されます。

■ブックビルディングの具体例
 ブックビルディングの参加方法は、例を示して解説した方がわかりやすいでしょう。

 例えば、A銘柄というIPOのブックビルディングが、「仮条件10万円〜12万円」で行われていたとします。

 これは何を意味するかというと、「A銘柄というIPOを10万円〜12万円の範囲内で投資家の皆さんはいくらなら買いたいですか?」という幹事証券会社からの問いかけです。

 この問いかけに対して、投資家がどのような反応をするかで、証券会社がIPOの公募価格を決定するわけです。

 例えば、12万円で買いたいという投資家が殺到すれば、「人気があるので公募価格が12万円でも大丈夫だ」と証券会社が判断するわけです。

 反対に、投資家のブックビルディングへの参加が少なく、また、申告価格も10万円〜11万円程度がほとんどだったとすると、「人気がないから公募価格を10万円にしないと買い手がつかないな」と証券会社が判断するわけです。

 このようなブックビルディングのプロセスで、IPOの公募価格が決定されるのです。

■ブックビルディングの参加方法
 ブックビルディングに参加する際は、仮条件の範囲内の価格での申告が必要です。

 上記具体例で言えば、「10万円から12万円」の範囲内で参加する必要があります。

 基本的に、ブックビルディングによる需要申告に参加し、かつ、申告価格が最終的に決定された公募価格以上であった投資家のみが抽選の対象となります。

 ほとんどの場合、ブックビルディングの上限(上記例で言えば12万円)で公募価格が決定されますので、ブックビルディングも仮条件の上限で申告しなければ抽選に参加できない場合が多いことに注意が必要です。

 証券会社によっては、需要申告をストライクプライス(株式売買における「成行買注文」に近い概念)にて行える場合もあり、この場合、どのような条件でも購入を希望する需要とみなしてもらえます。

 ですから、どうしても抽選に参加したいIPOの需要申告は、「仮条件の上限」か「ストライクプライス(成行)」で申告しておくのが無難でしょう。

■ブックビルディング参加の注意点
 ブックビルディング参加の注意点としては、以下の2点があります。

ブックビルディング参加の注意点

1.仮条件の上限で申告しなければ抽選に参加できない場合が多い
2.仮条件の上限で公募価格が決定されないIPOは人気がない


1.仮条件の上限で申告しなければ抽選に参加できない場合が多い
 ほとんどのIPOは、ブックビルディングの上限(上記例で言えば12万円)で公募価格が決定されますので、ブックビルディングも仮条件の上限で申告しなければ抽選に参加できない場合が多いことに注意が必要です。

 ですから、どうしても抽選に参加したいIPOの需要申告は、「仮条件の上限」か「ストライクプライス(成行)」で申告しておくのが無難でしょう。

2.仮条件の上限で公募価格が決定されないIPOは人気がない
 仮条件の上限で公募価格が決定されないIPOは人気がないと予想されるため、仮に当選したとしても、公募割れリスクが非常に高いと考えて慎重に購入を吟味すると良いでしょう。