このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
IPOへ投資しよう!

■株式投資!TOP
■IPOへ投資しよう TOP

■IPOへ投資しよう!

 IPOとは
 IPO投資の魅力
 IPO投資のリスク

■IPOの抽選への参加方法
 IPOの申し込み方法
 目論見書に目を通す
 ブックビルディングに参加する
 資金拘束期間とは
 公募価格決定〜抽選・購入申込

■IPO当選のコツ
 数多くの証券会社から申込む
 配分の多い証券会社から申込む
 完全抽選制の証券会社で申込む
 資金を効率的に活用する

■IPO当選に有利な証券会社
 証券会社IPO取扱実績比較
 IPO抽選制度の比較
 ジョインベスト証券(おすすめ)
 マネックス証券(おすすめ)
 オリックス証券
 松井証券
 カブドットコム証券
 ジェット証券
 クリック証券
 エイチ・エス証券
 フィスコのIPO情報が無料で閲覧できる証券会社(かざか証券)

■公募割れIPOを避けるコツ
 公募割れIPOの避けるコツ

 直近2〜3ヶ月のIPOを分析する
 IPOの上場市場をチェックする
 IPOの上場規模をチェックする
 IPOの単元株数をチェックする
 IPOの企業の業態をチェックする
 その他のチェックポイント

■IPOの基礎知識
 ロックアップとは
 オーバアロットメントとは
 ストックオプションとは
 即金規制とは
 マーケットメイク銘柄とは
 創業者利益とは
 IPO投資の資金調達方法

■新興市場の解説
 東証マザーズとは
 大証ヘラクレスとは
 NEOとは


■IPOデータ
 2008年IPOデータ
 2007年IPOデータ
 2006年IPOデータ


公募割れIPOを避けるためポイント/直近2〜3ヶ月のIPOについて分析する

 公募割れIPOを避けるためポイントとしては、まず、「直近2〜3ヶ月のIPOについて分析する」ということです。

 IPOは、上場する時期のIPO市場の地合いによって、初値形成のパフォーマンスが非常に異なります。

 以下の表を見て下さい。

IPO市場 IPOの数 初値>公募価格 初値=公募価格 公募割れ
(初値<公募価格)

不調期

2007年 121 89(73.6%) 3 29(24.0%)

不調期

2006年 188 159(84.6%) 9 20(10.6%)

好調期

2005年 158 152(96.2%) 3 4 (2.5%)

好調期

2004年 175 165(94.3%) 7 3(1.7%)

好調期

2003年 121 104(86.0%) 13 4(3.3%)

不調期

2002年 124 91(73.4%) 23 10(8.1%)

 IPO市場が好調な時期は、どのようなクズIPOであっても、公募割れするようなことはほとんどありませんでした。

 例えば、IPO市場が好調であった2003年〜2005年に上場したIPOは、わずか2〜3%しか公募割れしていません。

 一方で、IPO市場が不調な時期は、通常は公募割れは想定されないような優良IPOであっても公募割れしてしまう場合があります。

 例えば、IPO市場が不調であった2007年に上場したIPOは、24%も公募割れしています。

 このように、IPOの初値形成は、IPO市場の地合いに大きく左右されるのです。

 IPO市場のトレンドは、2〜3年周期の大きなトレンドと、2〜3ヶ月周期の小さなトレンドがあります。

 大きなトレンドは、上記の表を見れば、現在はIPO市場が好調期なのか不調期なのかがわかると思います。

 好調期は、数%しか公募割れしないわけですから、よほどリスキーなもの以外はイケイケドンドンで積極的に抽選に参加すればよいわけです。

 不調期は、2〜3割のIPOが公募割れのリスクがあるわけですから、直近2〜3ヶ月程度のIPO市場の地合い・トレンドを見極めながら、抽選に申し込む銘柄を吟味する必要があります。

 特に、IPO市場が不調期は、あまり過去のIPOについて分析しても、そもそもIPO市場の地合いそのものが全く異なりますので意味がありません。

 「直近2〜3ヶ月のIPOを分析する」というのがポイントです。


公募割れIPOを避けるためポイント

1.好調期
 数%しか公募割れしない!
 よほどリスキーなもの以外はイケイケドンドンで積極的に抽選に参加!

2.不調期
 2〜3割のIPOが公募割れのリスクがある!
 直近2〜3ヶ月程度のIPO市場の地合い・トレンドを見極めながら、抽選に申し込む銘柄を吟味!