このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
株式投資を始めよう
 
 株式投資を始めよう
 株式投資の魅力
 株式投資のリスク
 恐怖心の克服
 習うより慣れろ
 資金計画を立てる
 証券口座をつくる
 手数料無料フル活用
 株式投資に関わる税金
 特定口座とは
 MRFとは
 高利回りのMRF
 会社四季報を準備
 日経会社情報を準備
 達成可能な目標を立てる
 株式投資に役立つ雑誌

 銘柄選択に困ったら


 

MRFとは

 証券会社に口座を開くときに、MRFの申込みをするかどうかの選択を迫られると思います(証券会社によっては、自動的にMRFの申込みがされている場合もあります)。

 ここでは、MRFについて簡単に解説します。

 MRFとは、マネー・リザーブ・ファンドの略で、短期公社債などで運用をする証券総合口座専用の投資信託です。

 証券会社に預けている資金は、ふつうは株の売買をしないと「運用益」が出ません。

 しかし、MRFに申込みをすると、証券口座に眠っている資金をMRFで自動的に運用してくれるのでとても便利なシステムです。

 例えば、100万円証券口座に預けて、20万円株式で運用していれば、残りの80万円を自動的にMRFで運用してくれるのです。

 MRFには、以下のような特徴があります。

■1円単位で自動的に入出金される。
■申込・解約手数料などは不要。
■運用対象は国債、地方債、公社債など、安定商品のみ。
■建前上、元本保証はないが、運用先が元本保証されている商品ばかりで、元本の安全性は極めて高く、過去に元本割れしたことはない。
■普通預金に預けるよりも、若干高めの利息。
■毎日決算、毎日分配。
■分配金は月末最終営業日に再投資。


 特徴を列挙すると少しわかりにくくなりますね。

 先ほどの例でイメージを説明すると、

 100万円証券口座に預けて、20万円を株式で運用しています。

 残りの80万円は自動的にMRFで運用され、普通預金より少し高めの利子がつきます。

 毎日決算なので、MRF残高の80万円=買付余力となり、また、20万円の株式を売却して現金化すれば、即MRFでの運用を開始してくれるので機動的です。

 運用対象は国債、地方債、公社債など、安定的な商品のみなので、元本割れの心配はないでしょう。

 普通預金で預けたお金も、結局は、銀行が国債などで運用した利益の一部を利子として分配するわけですから、ほとんど普通預金と同じとの認識でよいと思います。

 ちなみに、私は、すべての証券口座の資金をMRFで運用しています。

 普通預金より、少し高めの利子が毎月分配されるので嬉しいです。

 私の個人的な考えとしては、MRFが元本割れを起こすような状況になったら、円建ての資産はすべて危険な状態だと思います。

 裏を返せば、それだけMRFは極めて安全性の高い金融商品だと言えます。


管理人おすすめ証券会社は楽天証券
証券会社名
約定代金
10万円以下

約定代金
20万円以下
約定代金
30万円以下
約定代金
50万円以下
約定代金
100万円以下
無料資料請求
岡三オンライン証券 99円 100円 300円 300円 500円

■業界最低水準の取引手数料!


■リアルタイム入金(無料)
 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行
 りそな銀行、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、住信SBIネット銀行


■投資情報
 個別銘柄の投資情報レポート、アナリストレーティングが無料で閲覧できる!


■取引ツール
 岡三ネットトレーダーが無料で利用できる