このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
証券会社選びのポイント
 
 社債とは
 社債投資の注意点
 管理人おすすめの社債


 

社債とは

 社債とは、会社が発行する債券のことで、簡単に言えば「会社の借金」を意味します。

 つまり、社債を購入するということは、直接、社債発行会社に対してお金を貸すことを意味します。

 会社にお金を貸すわけですから、いくらを(額面)、どれだけの期間(満期)、どれだけの利息(利率)で貸すのか、条件が決められています。

 そして、会社が順調に経営されていれば、一定期日に決められた利子を受け取り、満期日には元本が全額返済されることになります。

 この特徴だけに着目してみれば、社債は定期預金みたいなものだと考えることもできます。

 ただし、会社が倒産してしまった場合には、元本割れのリスクが発生します。

 とは言っても、社債の場合、株式と比較して、会社が倒産した場合であっても投資額の一定割合は戻ってくる可能性が高いです。

 なぜならば、会社が倒産した場合、会社の債権・債務を整理した上で、残余財産が出資割合に応じて株主に返却されるため、債権者への返済が株主よりも優先されるためです。

 社債の利回りは、国債や定期預金よりも高いのが一般的です。

 その理由は、債券購入者が会社の信用リスクを負う(=会社が倒産した場合、元本割れのリスクを負う)ことになるからです。

 国債利率に対する社債利率の上積み幅はスプレッドと言われますが、スプレッドは、会社の信用力により大きく変わってきます。

 信用力が低ければスプレッドが大きくなり(=金利が高くなり)、信用力が高ければスプレッドが小さくなる(=金利が低くなる)わけです。

社債のリスク要因@ : 会社の信用リスクを負う

 社債のリスク要因としてもう一点挙げられるのは、容易に売却できないこと、つまりは流動性が低いという点があります。

 社債には、株式のような大規模な取引市場がないため、基本的には、社債を購入した証券会社に対して直接売買をする形となります。

 社債を中途換金する場合、売却時の金利等の市況の変動により債券価格も変動しているため、投資元本を割り込んでしまうリスクがあるので、注意が必要です。

 個人投資家が社債に投資する場合は、信用力の高い発行体の債権を満期まで保有し、定期的な利払いと、満期日における元本償還を狙うのが一般的です。

社債のリスク要因A : 中途換金する場合に元本割れリスクがある