このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
証券会社選びのポイント
 
 社債とは
 社債投資の注意点
 管理人おすすめの社債


 

社債投資の注意点

 最近、個人向けに社債を発行する企業が増加していますが、我々個人投資家が社債へ投資する際は、どのような点に注意したら良いのでしょうか?

 まず、最低限チェックすべきポイントとしてとしては、以下の3点が挙げられます。


1.償還までの期間
2.会社の信用力
3.金利


1.償還までの期間
 社債へ投資する際は、まず、償還までの期間をチェックしましょう。

 社債を中途換金する場合、元本割れのリスクがありますし、 そもそも社債は株式や投資信託に比べて流通性がかなり劣りますので、中途換金しようとしてもマーケットがない可能性もあります。

 個人投資家が社債に投資する場合は、信用力の高い発行体の債権を満期まで保有し、定期的な利払いと、満期日における元本償還を狙うのが一般的です。

 よって、償還までの期間に渡って使用する予定のない資金で投資することが望ましいと思います。

 また、社債は、発行体が倒産してしまった場合にも元本割れのリスクが発生します。

 したがって、あまり償還までの期間が長すぎる社債は、より慎重に発行体の会社の信用リスクを分析する必要があります。

 償還までの期間が長い社債は、投資家側の不確実性(償還前に資金が必要になる可能性)と、社債発行企業の不確実性(償還前に企業が倒産する可能性)が高まるので、注意が必要です。

2.会社の信用力
 「1.償還までの期間」を確認した後は、会社の信用力を分析しましょう。

 社債は、発行体が倒産してしまった場合に元本割れのリスクがあります。

 ですから、例えば、「1年満期の社債」の場合は、この先1年間、発行体が倒産してしまうリスクがどれほどのものかを分析しましょう。

 会社の信用力の分析には、最低限、会社の財務諸表(損益計算書、貸借対照表)はチェックしましょう。

 また、会社の信用力を客観的に把握するには、格付けを利用するのも良いでしょう。

 決して、会社のネームバリューやブランドイメージのみで判断(聞いたことのある会社だから大丈夫だろうと考えるなど)してはいけません。

3.金利
 金利は、基本的に「償還までの期間」と「会社の信用力」で決まります。

 会社の信用力が低い方が、また現在は償還期間が長い方が、よりリスクが高いため、高い金利が付されています。

 注意すべきは、本当にリスクに対応した適切な金利が付されているかという点です。

 裏を返せば、リスクの割りに高い金利が付されている社債は投資する価値が高いと考えます。