このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
証券会社選びのポイント
 
 社債とは
 社債投資の注意点
 管理人おすすめの社債


 

管理人おすすめの社債/個人向けマネックス債

 社債は、個人投資家が購入できるケースはまだまだ少ないのですが、中には、ネット証券などから手軽に購入できるものもあります。

 その中で私が注目しているのが、マネックス証券などを傘下に持つ、「マネックス・ビーンズ・ホールディングス (東証1部:銘柄コード8698)」が発行する円建て社債、「個人向けマネックス債」です。

個人向けマネックス債の概要
発行体 マネックス・ビーンズ・ホールディングス(株)(東証1部:銘柄コード8698)
利率 年1.00%(税引前)
満期 3ヶ月満期
利払い 満期償還時に、元本と利子が償還されます。
最低申し込み金額 1万円から
格付け BBB+ (日本格付研究所)

これまでの発行・償還実績
回号 取扱時期 利率(税引前) 期間 償還日
第1回債 2007年7月17日 年1.00% 3カ月満期 2007年10月17日
第2回債 2007年7月23日 年1.00% 3カ月満期 2007年10月23日
第3回債 2007年8月20日 年1.00% 3カ月満期 2007年11月20日
第4回債 2007年9月27日 年1.00% 3カ月満期 2007年12月27日
第5回債 2007年10月29日 年1.00% 3カ月満期 2008年1月29日

 「個人向けマネックス債」は、利率年1.00%(税引前)、満期までの期間は3カ月なので、仮に100万円分購入すると、3カ月後の満期に元本の100万円が還ってくるほか、2,500円(税引後は2,000円)の利子が受け取れます。

 なお、取引手数料などの手数料は一切かかりません。

 以下に、「個人向けマネックス債」のメリットを記述します。


1.年利1%の高利回り、しかも3ヶ月満期
2.円建て社債なので為替変動リスクがない
3.少額投資が可能(申込は1万円から)


1.年利1%の高利回り、しかも3ヶ月満期
 個人投資家が購入できる債券の代表例としては、個人向け国債があります。

 個人向け国債の場合、1%前後の年利(2007年10月1日時点)で、5〜10年満期というのが一般的です。

 「安定的に金利収入が得られるのはいいけれども、5〜10年という長期間資金が拘束されるのはちょっとなあ」と考えて、躊躇している方も多いのではないでしょうか?

 株式投資をされている方などは、地合いが悪い数ヶ月間は、安定的な運用先に資金をシフトし、また地合いが好転してきたら積極運用したいという方も多いと思います。

 「個人向けマネックス債」は、満期までの期間はわずか3カ月、しかも、年利1%と国債並の利回りなので、「低金利のこの時代、長期間資金拘束される商品は避けたい」「しかし、短期的には手持ち資金をなるべく有利な条件で運用したい」という方におすすめです。

2.円建て社債なので為替変動リスクがない
 社債といえば、最近では外貨建ての社債が証券会社などで販売されていますが、外貨建ての場合は、為替変動リスクがあります。

 また、外貨建ての社債の場合、商品内容が複雑すぎて、一般の個人投資家には容易にリスク分析ができません。

 「個人向けマネックス債」は、円建て債権なので、為替変動リスクはありません。

 「マネックス・ビーンズ・ホールディングス(株)が倒産しなければ、3ヶ月後に1%(年利)の利子が付いて戻ってくる」というシンプルな商品内容です。

 「いくら金利が有利でも、為替変動リスクがあったり、内容が複雑すぎる商品はちょっと」という方におすすめの社債です。

 個人的には、為替変動リスクがある投資商品ならば、外国為替証拠金取引(FX)の方が外貨預金や外貨建て社債などよりも、ずっと有利な条件で取引できると考えています。

 外国為替証拠金取引(FX)に興味のある方は、「外国為替証拠金取引(FX)を始めよう!」を御覧になって下さい。

3.少額投資が可能(申込は1万円から)
 個人向けマネックス債の申込は1万円から可能です。

 「初めての債券投資だから、まずは少額投資から」という方におすすめです。


■どこで購入できるの?
 個人向けマネックス債は、マネックス証券に口座を開設していれば、誰でもインターネット上で購入することができます。

 だいたい月1回ペースで募集しているで、興味のある方は、マネックス証券に是非口座開設してみて下さい。

個人向けマネックス債権が購入できる証券会社
証券会社名 特徴 無料資料請求
マネックス証券 「個人向けマネックス債」が購入できる!
IPO取り扱い実績がネット証券No1クラス!

■個人向けマネックス債のリスク分析
 個人向けマネックス債は、社債ですので、元本が保証された投資商品ではありません。

 あくまでも、マネックス・ビーンズ・ホールディングス(株)に対する貸金ですので、満期までの3ヶ月の間に、マネックス・ビーンズ・ホールディングス(株)が倒産してしまえば、元本割れのリスクが発生するものです。

 ですから、会社の経営状況を御自身で分析の上、最終的な投資判断をして下さい。

 私個人的には、現在のマネックス・ビーンズ・ホールディングス(株)の直近の業績、財務内容を見る限り、3ヶ月以内に倒産する確率は限りなくゼロに近いと考えています。


 ちなみに、私は、既に個人向けマネックス債に300万円投資しました。

 2007年9月27日発行、11月27日満期で、税引後6,000円の利子が付きますので、満期(11月27日)が待ち遠しいです。