自動車は高い買物ですし、維持費もかかります。しかし、自動車は一家に一台、一人に一台というこの時代、自動車は生活していく上で必要不可欠なものです。当サイトでは、自動車を安く購入し、自動車の維持費を節約することにより、コストを抑えて無理なく自動車を所有し、安全運転で楽しいカーライフの実現を提案しています。
コンテンツ

■TOPページ

■運転免許を格安で取得する
 運転免許を取得しよう!
 運転免許の取得方法
 合宿免許は格安費用
 合宿免許料金に含まれる費用
 合宿免許は短期間で取れる
 合宿免許のその他の魅力
 合宿免許と通学の徹底比較
 免許取得の注意点


■中古車を安く購入しよう!
 自動車を安く買う!
 中古車の魅力・メリット(安い)
 中古車の魅力・メリット(その他)
 中古車を探す方法
 おすすめはガリバー
 新車を安く買うコツ


■自動車保険を節約する
 一括見積もり比較で節約

 おすすめはインズウェブ
 一括見積もりサイトの徹底比較
 私の一括見積もり体験談
 一括見積もり利用の注意点

■自賠責保険の内容を知ろう
 自動車保険を節約する!
 自賠責保険とは
 自賠責保険の補償内容・保険料
 自賠責保険の節約方法

■自動車保険の内容を知ろう
 自動車保険の任意保険とは
 ノンフリート等級とは
 リスク細分型自動車保険とは
 自動車保険の内容を知ろう
 対人賠償保険とは
 対物賠償保険とは
 人身傷害補償保険とは
 搭乗者傷害補償保険とは
 自損事故保険とは
 無保険者傷害保険とは
 車両保険とは
 車両保険の節約の検討
 自動車保険の使える特約
 自動車保険を組み立てよう


■ガソリン代を節約しよう!
 ガソリン代節約の重要性
 ガソリン代節約のポイント
 クレジットカードで給油割引
 自動車の手入れで燃費向上
 燃費が向上する運転技術
 公共交通手段と比較する

■給油割引付クレジットカード
 出光まいどプラスカード
 NTTグループカード
 ENEOSカード
 シェルスターレックスカード


■高速料金の節約
 ETCで高速料金の節約
 ETC割引制度の解説
 管理人のETC割引活用例
 高速料金の節約の裏技

■維持費その他の節約方法
 基本は安全運転
 駐車違反は厳禁

■自動車は本当に必要か?
 自動車は本当に必要か?
 自動車の所有を検討する
 レンタカーの活用を検討する

ETCマイレージ制度とは

 自動車でドライブや旅行に出かけたりすると、高速道路を利用することが多いと思います。

 しかし、高速料金は本当に高い!

 私は現在東京に住んでおり、年に何回か実家の静岡に帰省することがありますが、首都高速道路700円、東名高速道路(東京IC〜静岡IC)が4,100円と、高速料金で往復1万円近くかかります。

 ガソリン代も高騰していますので、たった180kmの距離を往復するのに1万5,000円近くお金がかかります。

 高速料金は、以前はハイウェイカードでかなりの割引(5万円のハイカで8,000円のプレミア:16%割引)がされたのですが、平成18年4月1日から完全に使用できなくなりました。

 そこで、活用したいのが、ETCです。

 クレジットカードの会員になると、ETCカードを無料で発行できるのが一般的です。

 入会金・年会費永久無料のクレジットカードでも、もちろん無料でETCカードを発行できます。

 ETCを利用していると、マイレージサービスに参加でき、5万円の利用で8,000円分のキャッシュバックを受けることができます。

 ETCマイレージサービスとは、ETCによる高速道路等の通行料金の支払額に応じてポイントが貯まり、そのポイントを還元額(無料通行分)と交換できるサービスです。

 交換した還元額(無料通行分)は、ETCによる高速道路等の通行料金の支払いに利用できます。

 ETCマイレージサービスへの登録は無料で、年会費もかかりません。

 具体的には、高速道路等の利用50円につき1P付与され、貯めたポイントは以下表のとおり、高速道路等の通行料金の支払いに利用できます。

ETCマイレージサービスの概要
ポイントの交換単位 還元額(無料通行分)
100ポイント 200円分
200ポイント 500円分
600ポイント 2,500円分
1,000ポイント 8,000円分

 最大の還元率は1,000P(5万円の利用)で8,000円分なので、従前のハイウェイカードの割引率と同じになります。

 なお、ポイントの有効期間(還元額に交換できる期間)は、最大2年です(ポイントが付いた年度の翌年度末までとなります)。

 また、マイレージ制度については、以下のサイトから登録しなければ参加できないので、必ず登録しておきましょう。

  → ETCマイレージサービス

 その他にも、深夜割引、通勤割引、早朝夜間割引など、様々な割引を受けることができる特典があります。

 ETCの普及を促進するために、ETC利用者を優遇する政策は今後も継続するのでしょうね。

 また、ICでの渋滞を回避できるなど、割引以外のメリットも魅力です。

 首都圏の通常の料金徴収所は、常に長い行列の大渋滞ですが、ETC車両だと、その渋滞を尻目にスイスイ料金所を通過することができ、非常に爽快です。

 ETCの利用には、専用の車載機とETCカード(通常、クレジットカードに付帯しています)が必要です。

 車載機は、機械本体及び取付手数料込みで1万円前後かかります。

 近所のカー用品店で購入・取り付けができます。

 ETCカードはクレジットカードに付帯するタイプのものが一般的で、毎月の利用額がカードから引き落とされます。

 車載機を購入・設置し、ETCカードが届いたら、カードを車載機に差し込めば利用できます。

 入会金・年会費無料のクレジットカードに、無料でETCカードを作成すれば、高速料金も節約できるわけです。