自動車は高い買物ですし、維持費もかかります。しかし、自動車は一家に一台、一人に一台というこの時代、自動車は生活していく上で必要不可欠なものです。当サイトでは、自動車を安く購入し、自動車の維持費を節約することにより、コストを抑えて無理なく自動車を所有し、安全運転で楽しいカーライフの実現を提案しています。
コンテンツ

■TOPページ

■運転免許を格安で取得する
 運転免許を取得しよう!
 運転免許の取得方法
 合宿免許は格安費用
 合宿免許料金に含まれる費用
 合宿免許は短期間で取れる
 合宿免許のその他の魅力
 合宿免許と通学の徹底比較
 免許取得の注意点


■中古車を安く購入しよう!
 自動車を安く買う!
 中古車の魅力・メリット(安い)
 中古車の魅力・メリット(その他)
 中古車を探す方法
 おすすめはガリバー
 新車を安く買うコツ


■自動車保険を節約する
 一括見積もり比較で節約

 おすすめはインズウェブ
 一括見積もりサイトの徹底比較
 私の一括見積もり体験談
 一括見積もり利用の注意点

■自賠責保険の内容を知ろう
 自動車保険を節約する!
 自賠責保険とは
 自賠責保険の補償内容・保険料
 自賠責保険の節約方法

■自動車保険の内容を知ろう
 自動車保険の任意保険とは
 ノンフリート等級とは
 リスク細分型自動車保険とは
 自動車保険の内容を知ろう
 対人賠償保険とは
 対物賠償保険とは
 人身傷害補償保険とは
 搭乗者傷害補償保険とは
 自損事故保険とは
 無保険者傷害保険とは
 車両保険とは
 車両保険の節約の検討
 自動車保険の使える特約
 自動車保険を組み立てよう


■ガソリン代を節約しよう!
 ガソリン代節約の重要性
 ガソリン代節約のポイント
 クレジットカードで給油割引
 自動車の手入れで燃費向上
 燃費が向上する運転技術
 公共交通手段と比較する

■給油割引付クレジットカード
 出光まいどプラスカード
 NTTグループカード
 ENEOSカード
 シェルスターレックスカード


■高速料金の節約
 ETCで高速料金の節約
 ETC割引制度の解説
 管理人のETC割引活用例
 高速料金の節約の裏技

■維持費その他の節約方法
 基本は安全運転
 駐車違反は厳禁

■自動車は本当に必要か?
 自動車は本当に必要か?
 自動車の所有を検討する
 レンタカーの活用を検討する

自動車保険の一括見積もり比較で節約


自動車保険を最大20社一括見積もりできるサイト(無料) インズウェブ

サイトリンク
見積もり可能
会社数

見積もり可能会社 特徴 サイトリンク
インズウェブ 最大20社 全労災、損保ジャパン、日新火災、
三井住友海上火災、三井ダイレクト損保、
そんぽ24、アクサダイレクト、
アメリカンホームダイレクト、エース損害保険、
セコム損害保険、ゼネラリ、ソニー損保、
チューリッヒ、共栄火災、東京海上日動火災、
日本興亜損保、富士火災、あいおい損保、
ニッセイ同和損保、AIU保険
500円分の商品券が必ずもらえる! インズウェブの自動車保険一括見積りサービス

 少し前までは、自動車保険といえば、どこの損害保険会社でも似たり寄ったりの保険料・サービス内容でした。

 しかし、金融の規制緩和、外資の参入などにより、損害保険業界も競争が激化し、各社が多種多様な保険料・サービス内容の商品を提供するようになりました。

 今までは、自動車を購入した際に、ディーラーや自動車販売代理店が勧める自動車保険に、選択の余地なく半ば強制的に契約させられるのが一般的でした。

 実は、自動車販売代理店やディーラーは、自動車保険会社の代理店にもなっていて、自動車販売とセットで自動車保険を販売し、ダブルで中間マージンを取っているケースがほとんどなのです。

 これまでは「日本の大手自動車保険会社ならどこでも同じかな〜。」と諦めていましたが、これからは我々ドライバーが自分に合った保険を選べる時代になったのです。

 どこの保険会社のどの保険商品が自分のニーズに合うのかを常に検証することが大切です。

 また、自動車保険会社は競争激化により、毎年のように新しいタイプの保険商品を提供しています。

 ですから、毎年の自動車保険の更新の際には、必ず保険会社・保険内容を見直すようにしましょう。

 ちなみに、保険会社や保険内容を変更してもノンフリート等級は引き継がれるのでご安心ください。

 自動車保険の比較・見直しに最も便利なのが、インターネットによる各自動車保険会社への一括見積もり請求サービスです。

 自分の条件を一度入力するだけで複数の大手自動車保険会社から一括して見積もりが届き、比較する事が出来るので、非常に便利です。

 もちろん見積もりは無料です!

 また、見積もり提供してもらった保険会社との契約を強制されることがないことはもちろんのこと、サイトの利用により提携保険会社との契約を強制されることもありません!

 あと、見積もり比較サイトに個人情報を入力することにより、勧誘の電話やダイレクトメールが増えるのではないかと心配になる方も多いと思いますが、私の利用経験上、そのようなことはないようです。

 ちなみに、私は、毎年、「インズウェブ」というサイトの自動車保険一括見積もり請求サービスを活用して自動車保険の見直しを行っています。

 自動車保険一括見積もり請求サービスを提供しているサイトは、インズウェブの他にもいくつかありますが、インズウェブは、@業界最多(20社)の見積もりを取り寄せる事ができ、しかも、A必ず見積もりプレゼント(500円分の商品券)がもらえるため、ここを利用しています。


自動車保険を最大20社一括見積もりできるサイト(無料) インズウェブ

サイトリンク
見積もり可能
会社数

見積もり可能会社 特徴 サイトリンク
インズウェブ 最大20社 全労災、損保ジャパン、日新火災、
三井住友海上火災、三井ダイレクト損保、
そんぽ24、アクサダイレクト、
アメリカンホームダイレクト、エース損害保険、
セコム損害保険、ゼネラリ、ソニー損保、
チューリッヒ、共栄火災、東京海上日動火災、
日本興亜損保、富士火災、あいおい損保、
ニッセイ同和損保、AIU保険
500円分の商品券が必ずもらえる! インズウェブの自動車保険一括見積りサービス


 自分にとって必要十分な自動車保険を、最も安い保険料で契約するためには、

@自動車保険について理解を深める。
          ↓
A自分に必要十分な保険を組み立てる。
          ↓
Bインズウェブなどの自動車保険一括見積もりサイトを利用する。
          ↓
C数多くの自動車保険会社の保険料・サービス内容を比較。
          ↓
Dベストな会社と契約する。


 このプロセスで、自動車保険を選択するのが、最も効率的かつ合理的と言えるでしょう。

■見積もりの流れ
 見積もりの一般的な流れは以下のとおりです。


@インズウェブなどの自動車保険一括見積もりサイトにアクセスする。
          ↓
A車検証、保険証券、免許証の記載事項を基に、必要事項を記入する。
          ↓
B3日〜1週間後、見積もりがメール、FAX、郵送などで届く。
 (その場でウェブ上で確認できる場合もあります。)
          ↓
C ベストなサービスが見つかれば契約(見つからなければ放置してOKです)