自動車は高い買物ですし、維持費もかかります。しかし、自動車は一家に一台、一人に一台というこの時代、自動車は生活していく上で必要不可欠なものです。当サイトでは、自動車を安く購入し、自動車の維持費を節約することにより、コストを抑えて無理なく自動車を所有し、安全運転で楽しいカーライフの実現を提案しています。
コンテンツ

■TOPページ

■運転免許を格安で取得する
 運転免許を取得しよう!
 運転免許の取得方法
 合宿免許は格安費用
 合宿免許料金に含まれる費用
 合宿免許は短期間で取れる
 合宿免許のその他の魅力
 合宿免許と通学の徹底比較
 免許取得の注意点


■中古車を安く購入しよう!
 自動車を安く買う!
 中古車の魅力・メリット(安い)
 中古車の魅力・メリット(その他)
 中古車を探す方法
 おすすめはガリバー
 新車を安く買うコツ


■自動車保険を節約する
 一括見積もり比較で節約

 おすすめはインズウェブ
 一括見積もりサイトの徹底比較
 私の一括見積もり体験談
 一括見積もり利用の注意点

■自賠責保険の内容を知ろう
 自動車保険を節約する!
 自賠責保険とは
 自賠責保険の補償内容・保険料
 自賠責保険の節約方法

■自動車保険の内容を知ろう
 自動車保険の任意保険とは
 ノンフリート等級とは
 リスク細分型自動車保険とは
 自動車保険の内容を知ろう
 対人賠償保険とは
 対物賠償保険とは
 人身傷害補償保険とは
 搭乗者傷害補償保険とは
 自損事故保険とは
 無保険者傷害保険とは
 車両保険とは
 車両保険の節約の検討
 自動車保険の使える特約
 自動車保険を組み立てよう


■ガソリン代を節約しよう!
 ガソリン代節約の重要性
 ガソリン代節約のポイント
 クレジットカードで給油割引
 自動車の手入れで燃費向上
 燃費が向上する運転技術
 公共交通手段と比較する

■給油割引付クレジットカード
 出光まいどプラスカード
 NTTグループカード
 ENEOSカード
 シェルスターレックスカード


■高速料金の節約
 ETCで高速料金の節約
 ETC割引制度の解説
 管理人のETC割引活用例
 高速料金の節約の裏技

■維持費その他の節約方法
 基本は安全運転
 駐車違反は厳禁

■自動車は本当に必要か?
 自動車は本当に必要か?
 自動車の所有を検討する
 レンタカーの活用を検討する

対人賠償保険とは


自動車保険を最大20社一括見積もりできるサイト(無料) インズウェブ

サイトリンク
見積もり可能
会社数

見積もり可能会社 特徴 サイトリンク
インズウェブ 最大20社 全労災、損保ジャパン、日新火災、
三井住友海上火災、三井ダイレクト損保、
そんぽ24、アクサダイレクト、
アメリカンホームダイレクト、エース損害保険、
セコム損害保険、ゼネラリ、ソニー損保、
チューリッヒ、共栄火災、東京海上日動火災、
日本興亜損保、富士火災、あいおい損保、
ニッセイ同和損保、AIU保険
500円分の商品券が必ずもらえる! インズウェブの自動車保険一括見積りサービス

 対人賠償保険は、自動車事故によって歩行者、同乗者、相手の自動車に乗車中の人など、「他人(第三者)」を死亡または負傷させて法律上の損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険では足りない部分を補償する保険です。

 死亡事故や重度な後遺症が残るような人身事故を起こしてしまった場合、その損害賠償額は、億単位になることも珍しくありません。

 交通事故に関する損害賠償請求訴訟判決でも、特に働き盛りの方などを死亡させた場合、2億円を上回る賠償判決が出されているのが一般的です。

 平均的なサラリーマンの生涯所得が2億とか3億とか言われている時代なので、死亡事故の賠償金額が億単位になるのは当たり前ですよね。

 自賠責保険の死亡補償限度額は3000万円ですから、もしも任意の対人保険に加入していなければ、自賠責保険のオーバー分はすべて加害者本人が払わなければなりません。

 例えば、2億円の損害賠償義務を負った場合、自賠責保険で補償される3000万円を上回る1億7000万円は加害者本人が払わなければならないわけです。

 また、傷害に対しての自賠責保険の補償限度額は120万円ですが、治療費・慰謝料・治療中の休業補償などを含めると、実際の損害額は120万を超えるケースがほとんどです。

 対人賠償保険は、これらをカバーする保険であり、人身事故の賠償額は非常に高額になることがほとんどであるので、加入時に設定する補償範囲は「無制限」にしておくのがドライバーの良識と言えるでしょう。

自賠責保険と任意保険の比較
保険の対象 自賠責保険 任意保険
賠償責任 対人
(人に対する損害賠償責任)

死亡:3000万まで
後遺障害:4000万まで
ケガ:120万まで

対人賠償保険

■対人賠償保険が適用にならない場合
 対人賠償保険は、法的に賠償責任を負った相手に対応するものですので、あくまでも「他人(第三者)」に対して適用される保険です。

したがって、運転者本人やその家族の傷害や死亡については、法的に賠償責任を負うことはありませんので補償されません。

 例えば、自動車に同乗していた家族、自宅敷地内での車庫入れの際に家族をひいてしまった場合などは補償の対象となりません。

 これに対応するのは、搭乗者傷害補償保険や人身傷害補償保険になります。

■対人賠償保険の節約の検討
 死亡事故や重度な後遺症が残るような人身事故を起こしてしまった場合、その損害賠償額は、億単位になることも珍しくありません。

 ですから、対人賠償保険に加入することは当然で、補償範囲も「無制限」にしておくべきです。

 対人賠償保険は節約の余地が無いと言えるでしょう。


自動車保険を最大20社一括見積もりできるサイト(無料) インズウェブ

サイトリンク
見積もり可能
会社数

見積もり可能会社 特徴 サイトリンク
インズウェブ 最大20社 全労災、損保ジャパン、日新火災、
三井住友海上火災、三井ダイレクト損保、
そんぽ24、アクサダイレクト、
アメリカンホームダイレクト、エース損害保険、
セコム損害保険、ゼネラリ、ソニー損保、
チューリッヒ、共栄火災、東京海上日動火災、
日本興亜損保、富士火災、あいおい損保、
ニッセイ同和損保、AIU保険
500円分の商品券が必ずもらえる! インズウェブの自動車保険一括見積りサービス