自動車は高い買物ですし、維持費もかかります。しかし、自動車は一家に一台、一人に一台というこの時代、自動車は生活していく上で必要不可欠なものです。当サイトでは、自動車を安く購入し、自動車の維持費を節約することにより、コストを抑えて無理なく自動車を所有し、安全運転で楽しいカーライフの実現を提案しています。
コンテンツ

■TOPページ

■運転免許を格安で取得する
 運転免許を取得しよう!
 運転免許の取得方法
 合宿免許は格安費用
 合宿免許料金に含まれる費用
 合宿免許は短期間で取れる
 合宿免許のその他の魅力
 合宿免許と通学の徹底比較
 免許取得の注意点


■中古車を安く購入しよう!
 自動車を安く買う!
 中古車の魅力・メリット(安い)
 中古車の魅力・メリット(その他)
 中古車を探す方法
 おすすめはガリバー
 新車を安く買うコツ


■自動車保険を節約する
 一括見積もり比較で節約

 おすすめはインズウェブ
 一括見積もりサイトの徹底比較
 私の一括見積もり体験談
 一括見積もり利用の注意点

■自賠責保険の内容を知ろう
 自動車保険を節約する!
 自賠責保険とは
 自賠責保険の補償内容・保険料
 自賠責保険の節約方法

■自動車保険の内容を知ろう
 自動車保険の任意保険とは
 ノンフリート等級とは
 リスク細分型自動車保険とは
 自動車保険の内容を知ろう
 対人賠償保険とは
 対物賠償保険とは
 人身傷害補償保険とは
 搭乗者傷害補償保険とは
 自損事故保険とは
 無保険者傷害保険とは
 車両保険とは
 車両保険の節約の検討
 自動車保険の使える特約
 自動車保険を組み立てよう


■ガソリン代を節約しよう!
 ガソリン代節約の重要性
 ガソリン代節約のポイント
 クレジットカードで給油割引
 自動車の手入れで燃費向上
 燃費が向上する運転技術
 公共交通手段と比較する

■給油割引付クレジットカード
 出光まいどプラスカード
 NTTグループカード
 ENEOSカード
 シェルスターレックスカード


■高速料金の節約
 ETCで高速料金の節約
 ETC割引制度の解説
 管理人のETC割引活用例
 高速料金の節約の裏技

■維持費その他の節約方法
 基本は安全運転
 駐車違反は厳禁

■自動車は本当に必要か?
 自動車は本当に必要か?
 自動車の所有を検討する
 レンタカーの活用を検討する

無保険車傷害保険とは


自動車保険を最大20社一括見積もりできるサイト(無料) インズウェブ

サイトリンク
見積もり可能
会社数

見積もり可能会社 特徴 サイトリンク
インズウェブ 最大20社 全労災、損保ジャパン、日新火災、
三井住友海上火災、三井ダイレクト損保、
そんぽ24、アクサダイレクト、
アメリカンホームダイレクト、エース損害保険、
セコム損害保険、ゼネラリ、ソニー損保、
チューリッヒ、共栄火災、東京海上日動火災、
日本興亜損保、富士火災、あいおい損保、
ニッセイ同和損保、AIU保険
500円分の商品券が必ずもらえる! インズウェブの自動車保険一括見積りサービス

 無保険者傷害保険は、自動車に乗車中の人などが、事故により死亡または後遺障害を被った場合で、相手自動車が対人賠償保険に加入していなかった場合や、保険金額が不十分であった場合に、相手が負担すべき損害賠償金額の不足分について補償されます。

 「任意保険に加入していない人などいるのか?」と思う方も多いと思いますが、日本損害保険協会の調査によれば、自動車保険の加入率は「7割」という現実があります。

自動車保険の加入状況(%)
  2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
対人賠償保険 71.0 70.9 71.1 71.0 71.2
対物賠償保険 70.5 70.4 70.7 70.8 71.1
搭乗者傷害補償保険 63.8 62.2 61.2 59.6 59.0
車両保険 34.6 35.0 35.7 36.7 37.3

 実は3割の人が、万一の場合の責任も考えずに、車で公道を走っているのです。

 交通事故に巻き込まれると、30%が任意保険に加入していない、つまりは3000万円の自賠責保険しか賠償能力がない(おそらく本人自身に賠償能力がないでしょうから)自動車であるということです。

 残りの70%の自動車も無制限の対人賠償保険に加入しているかどうかはわからないわけです。

 このような理不尽極まりない被害に備えるため、無保険者傷害保険を付帯することは必須であると言えるでしょう。(そもそも、任意保険に加入していない車からの被害に備えるために自分が保険料を支払わなければならないことに、不公平感は感じますが、自己防衛のためにはやむを得ません・・。)

■無保険車傷害保険が適用される場合
 1.任意保険の対人賠償保険に加入していない車
 2.対人賠償保険に加入していても、運転者の故意などで相手の保険が適用とならない場合
 3.対人賠償保険に加入していても保険金額が、損害額を下回る場合
 4.ひき逃げなど加害者を特定できない場合

■補償の範囲
 無保険者傷害保険は、死亡または後遺障害を被った場合が対象なので、ただのケガだけのときは対象外です。

 無保険車傷害保険の限度額は、該当する自分の保険の対人賠償保険の補償額と同額です(無制限の場合は2億まで)。

 また、この保険は、相手が負うべき損害賠償額の不足分をカバーする保険ですので、実際の損害額から、相手の対人賠償保険や自賠責保険または政府保障事業制度などから支払われた保険金額を差し引いた、残りの額となります。

■補償対象者や条件
 補償対象者や条件は、以下のように、商品によって異なりますので加入時によく確認しましょう。

    対象となる条件
    車に搭乗中のみ補償 車に搭乗中以外の事故でも補償
対象者 被保険者のみ 最も補償が狭いタイプ  
被保険者とその家族も含まれる   完全補償タイプ

 完全補償タイプの自動車保険では、被保険者やその家族も対象となり、車に搭乗していない時の事故なども対象となります。

 完全補償タイプではない場合、家族が対象とならなかったり、また対象となっても搭乗中以外は該当しない、といったような違いがあります。

 家族がいる人などは特に、保険選びの際に上記の点を検討材料にしましょう。

■無保険車傷害保険の節約の検討
 そもそも、任意保険に加入していない車からの被害に備えるために自分が保険料を支払わなければならないことに、不公平感は感じますが、自己防衛のためにはやむを得ません。

 任意保険に加入していない車が3割も存在する現実を考えると、加入しておいたほうが無難でしょう。



自動車保険を最大20社一括見積もりできるサイト(無料) インズウェブ

サイトリンク
見積もり可能
会社数

見積もり可能会社 特徴 サイトリンク
インズウェブ 最大20社 全労災、損保ジャパン、日新火災、
三井住友海上火災、三井ダイレクト損保、
そんぽ24、アクサダイレクト、
アメリカンホームダイレクト、エース損害保険、
セコム損害保険、ゼネラリ、ソニー損保、
チューリッヒ、共栄火災、東京海上日動火災、
日本興亜損保、富士火災、あいおい損保、
ニッセイ同和損保、AIU保険
500円分の商品券が必ずもらえる! インズウェブの自動車保険一括見積りサービス