自動車は高い買物ですし、維持費もかかります。しかし、自動車は一家に一台、一人に一台というこの時代、自動車は生活していく上で必要不可欠なものです。当サイトでは、自動車を安く購入し、自動車の維持費を節約することにより、コストを抑えて無理なく自動車を所有し、安全運転で楽しいカーライフの実現を提案しています。
コンテンツ

■TOPページ

■運転免許を格安で取得する
 運転免許を取得しよう!
 運転免許の取得方法
 合宿免許は格安費用
 合宿免許料金に含まれる費用
 合宿免許は短期間で取れる
 合宿免許のその他の魅力
 合宿免許と通学の徹底比較
 免許取得の注意点


■中古車を安く購入しよう!
 自動車を安く買う!
 中古車の魅力・メリット(安い)
 中古車の魅力・メリット(その他)
 中古車を探す方法
 おすすめはガリバー
 新車を安く買うコツ


■自動車保険を節約する
 一括見積もり比較で節約

 おすすめはインズウェブ
 一括見積もりサイトの徹底比較
 私の一括見積もり体験談
 一括見積もり利用の注意点

■自賠責保険の内容を知ろう
 自動車保険を節約する!
 自賠責保険とは
 自賠責保険の補償内容・保険料
 自賠責保険の節約方法

■自動車保険の内容を知ろう
 自動車保険の任意保険とは
 ノンフリート等級とは
 リスク細分型自動車保険とは
 自動車保険の内容を知ろう
 対人賠償保険とは
 対物賠償保険とは
 人身傷害補償保険とは
 搭乗者傷害補償保険とは
 自損事故保険とは
 無保険者傷害保険とは
 車両保険とは
 車両保険の節約の検討
 自動車保険の使える特約
 自動車保険を組み立てよう


■ガソリン代を節約しよう!
 ガソリン代節約の重要性
 ガソリン代節約のポイント
 クレジットカードで給油割引
 自動車の手入れで燃費向上
 燃費が向上する運転技術
 公共交通手段と比較する

■給油割引付クレジットカード
 出光まいどプラスカード
 NTTグループカード
 ENEOSカード
 シェルスターレックスカード


■高速料金の節約
 ETCで高速料金の節約
 ETC割引制度の解説
 管理人のETC割引活用例
 高速料金の節約の裏技

■維持費その他の節約方法
 基本は安全運転
 駐車違反は厳禁

■自動車は本当に必要か?
 自動車は本当に必要か?
 自動車の所有を検討する
 レンタカーの活用を検討する

管理人の自動車保険一括見積もり体験談


自動車保険を最大20社一括見積もりできるサイト(無料) インズウェブ

サイトリンク
見積もり可能
会社数

見積もり可能会社 特徴 サイトリンク
インズウェブ 最大20社 全労災、損保ジャパン、日新火災、
三井住友海上火災、三井ダイレクト損保、
そんぽ24、アクサダイレクト、
アメリカンホームダイレクト、エース損害保険、
セコム損害保険、ゼネラリ、ソニー損保、
チューリッヒ、共栄火災、東京海上日動火災、
日本興亜損保、富士火災、あいおい損保、
ニッセイ同和損保、AIU保険
500円分の商品券が必ずもらえる! インズウェブの自動車保険一括見積りサービス

 さて、ここからは、実際に私がインズウェブの自動車保険一括見積もりサービスを活用した経験談を記述します。

 私は、インズウェブの自動車保険一括見積もりサービスを利用する以前は、自分の会社の団体割引(約20%)を利用して、日本の大手損害保険会社の代理店を経由して自動車保険を契約していました。

 当時、インターネットの自動車保険一括見積もりサービスについては認識していましたが、今の自分の自動車保険は会社の団体割引(約20%)が適用されているので、さすがにこれよりは安くならないだろうと勝手に思っていました。

 契約の更新時期に、当時契約していた損害保険会社から送付されてきた契約更新の案内の内容は以下のとおりです。

当時契約していた損害保険会社から送付されてきた契約更新の案内の内容
ノンフリート等級 8等級
条件 30歳未満不担保、家族限定、ゴールド免許、エアバック・ABS
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
搭乗者障傷害補償保険 1,000万円
人身傷害補償保険 5,000万円
無保険車傷害保険 2億円
車両保険 160万円(免責10万円)
その他特約 弁護士費用特約等
保険料 108,960円

 当時は、マイカーを購入して3年目で、ノンフリート等級も8等級とまだ進んでいませんでしたが、保険料が10万円を超えていたので、「さすがにこれはちょっと高いな」と感じ、「もしかすると1〜2万円安くなるかもしれない」と思い、試しにインズウェブの自動車保険一括見積もりサービスのサイトにアクセスしてみました。

 入力事項は、運転免許証、車検証、現契約の自動車保険証書があればわかる内容で、5分程度で打ち込みが完了しました。

 希望する契約内容は、現在の契約内容から車両保険とその他特約を外し、人身傷害補償保険を3,000万円としたものにしました。

希望する保険内容
ノンフリート等級 8等級
条件 30歳未満不担保、家族限定、ゴールド免許、エアバック・ABS
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
搭乗者障傷害補償保険 1,000万円
人身傷害補償保険 5,000万円 → 3,000万円
無保険車傷害保険 2億円
車両保険 160万円(免責10万円) → なし
その他特約 弁護士費用特約等 → なし 

 見積もり可能な会社の数は車種や希望条件によって変動するようで、見積もり内容の確認もWeb画面(即時)、メール(当日中)、郵送(数日後)の様々なパターンがあります。

 私の場合、最終的には以下の8社から見積もりを取り寄せる事ができました。

各社の見積もりの概要
保険会社名 保険料 希望の契約内容との相違点 見積もりの確認方法
アメリカンホームダイレクト 34,660円 希望通り Web画面、メール、郵送
チューリッヒ 34,700円 希望通り Web画面、メール、郵送
エース保険 25,380 円 希望通り メール、電話、郵送
アクサダイレクト 26,870 円 希望通り Web画面、メール、郵送
三井ダイレクト損保 31,680円 希望通り Web画面、メール、郵送
ソニー損保 34,540円 希望通り メール、郵送
ゼネラリ 28,660円 希望通り メール、郵送
セコム損保 33,660円 無保険車傷害保険がない 郵送

 私は、マイカーの購入が遅く30歳代の8等級だったので、保険料がまだ割高だと思いますが、年配の方や保険等級が進んでいる方は、もっと保険料が安くなります。

 それにしても、車両保険とその他特約を外し、人身傷害補償保険を3,000万円に下げてはいるものの、正直、現在の保険料の3分の1程度まで安くなるとは想定していませんでした。

 エース保険が最安値でしたが、テレビCMなどでなじみのある会社の中で最安値の保険料を提示してくれた、アクサダイレクトとの契約を検討することにしました。

 エース保険は、見積もりを取り寄せて2〜3日後に「見積もり内容はいかがでしたか?」と電話が来ましたが、他に決めた旨を伝えると、しつこく勧誘してくることはありませんでした。

 対応がよかったので、次回はエース保険でもいいかなと思いました。

 基本的に、各保険会社から来る見積もりメールには、インターネット契約用のMyページへのリンクURLと、ログイン用のID、パスワードが付いていますので、早速、アクサダイレクトのMyページにログインです。

 アクサダイレクトのMyページには、以下の3パターンのプランが提示されていました。


1.自分が希望した契約内容のプラン(保険料26,870 円)

2.1.の人身傷害補償保険を5,000万円としたもの(保険料32,470円)

3.2.に車両保険(車対車+A、160万円)を付加したもの(保険料42,960円)



 当初は、車両保険を付けると保険料が高くなるし、人身傷害補償保険も3,000万円ぐらいでいいかなと思っていましたが、想定していたよりも保険料が安かったので、最終的には「3.のプラン」を契約することにしました。

 提示されたプランの保険内容を個別にアレンジすることも可能でしたが、とりあえず、自分のニーズが網羅されていたので、提示されたプランで契約です。

 Myページでプランを選択し、保険料42,960円円をクレジットカード一括払いをして契約完了です。

 数日後、アクサダイレクトから保険証券が郵送されてきました。

 これでも、従前とほぼ同程度の保険内容で半額以下の保険料になりました。


従前の契約(108,960円) → 新契約(42,960円)!!


 恐るべし、「インズウェブの自動車保険一括見積もりサービス」です。

 しかも、約1ヶ月後に、インズウェブから「500円分のマックカード」が郵送されてきて、大満足の結果です!


自動車保険を最大20社一括見積もりできるサイト(無料) インズウェブ

サイトリンク
見積もり可能
会社数

見積もり可能会社 特徴 サイトリンク
インズウェブ 最大20社 全労災、損保ジャパン、日新火災、
三井住友海上火災、三井ダイレクト損保、
そんぽ24、アクサダイレクト、
アメリカンホームダイレクト、エース損害保険、
セコム損害保険、ゼネラリ、ソニー損保、
チューリッヒ、共栄火災、東京海上日動火災、
日本興亜損保、富士火災、あいおい損保、
ニッセイ同和損保、AIU保険
500円分の商品券が必ずもらえる! インズウェブの自動車保険一括見積りサービス