このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
ネット銀行比較

 高利回りの銀行預金
 新生銀行
 楽天銀行
 ジャパンネット銀行


 

銀行預金

 銀行預金は、最もベーシックな資産運用方法です。銀行預金は、元本1,000万円までなら、預金保険機構により元本と利息が保護されているので、最も安全かつ堅実な資産運用といえます。

 株式投資など、リスクとリターンの大きい投資も大切ですが、資産の全額をリスクにさらすことはできません。そこで、資産の一部は安全な銀行預金に預けておく必要があります。

 ただし、現在の超低金利では、利子も本当にスズメの涙です。ですから、なるべく利回りの良い銀行預金を探したいものです。

 そこでおすすめなのが、新生銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行などのネットバンキングです。ネットバンキングに力を入れている銀行は人件費などのコストを抑えているので、比較的高金利の預金サービスを提供しています。

 下の表では、主要ネットバンクと大手都市銀行の定期預金金利(100万円預金した場合)を比較しました。やはり、楽天銀行やジャパンネット銀行のネット専業銀行が高金利の預金を提供しています。

 新生銀行などの東証一部上場企業も比較的高利回りの預金を提供しています。

ネットバンキング定期預金金利比較(100万円預金した場合 2008/12/1時点)
銀行名 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年 無料資料請求
新生銀行
(実りの円定期預金の場合)
- - - 1.1 1.2 1.4
楽天銀行 0.35 0.45 0.50 0.77 0.80 0.90
ジャパンネット銀行 0.43 0.54 0.56 0.57 0.39 0.52
大手都市銀行 0.25 0.25 0.27 0.35 0.40 0.45 -