このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
ネット銀行比較

 高利回りの銀行預金
 新生銀行
 イーバンク銀行
 ジャパンネット銀行


 

新生銀行の評価、評判、口コミ

 新生銀行は、破綻した旧日本長期信用銀行を投資ファンド(リップルウッド)が買収し東証一部に再生上場した銀行です。破綻した銀行に公的資金を注入して再生したため、財務体質は非常に健全でピカピカの状態です。

 再生後の新生銀行は、個人顧客を対象にしたリテール事業を収益の柱としているため、ネットバンキングにも力を入れています。日本経済新聞社の「金融機関調査」の顧客満足度で3年連続No.1に輝いている超優良銀行です。。

 また、店舗展開を控えめにしているため、店舗を多数保有する一般の銀行よりもコストを低く抑えることができ、その分、高金利の定期預金などのサービスが充実しています。

 以下の表を見てもわかるとおり、新生銀行は、一般の銀行よりも高金利の定期預金を提供しています。

ネットバンキング定期預金金利比較(100万円預金した場合 2008/12/1時点)
銀行名 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年 無料資料請求
新生銀行
(実りの円定期預金の場合)
- - - 1.1 1.2 1.4
大手都市銀行 0.25 0.25 0.27 0.35 0.40 0.45 -


 もちろん、口座維持手数料無料です。

 「店舗が少ないのでATMが少なくて現金の入出金が不便なのでは・・・。」と心配に思う方もいるかもしれませんが、新生銀行は、新生銀行のATMに加え、セブン−イレブンや郵便局など、全国約6万台のATMを、いつでもどこでも手数料0円で利用できます。

 また、新規口座開設後に定期預金をすると3ヶ月間は金利が1%、パワーフレックス総合口座(口座維持費は無料)だと、3ヶ月間5.5%の金利が付く定期預金が可能となるなど、非常に多彩なサービスを提供しています。

 ちなみに、私は給与振込やクレジットカードや公共料金の引き落としなどメインバンクとして活用しています。