このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
ファンダメンタル分析の
基礎知識

 
ファンダメンタル分析とは
 損益計算書の見方
 損益計算書の用語解説
 損益計算書の注意点
 貸借対照表の見方
 資本と負債の違い
 資本の構成
 負債と資産の構成
 会社四季報の見方
 債務超過とは
 債務超過の見分け方
 EPSとは
 PERとは 
 PER活用の注意点
 PBRとは
 PBR活用の注意点


 

ファンダメンタル分析とは

 ファンダメンタル分析とは景気や国際環境などの外部環境や、企業の財務体質や業績予想を分析して、相場を見通そうという手法です。

 投資対象銘柄の選別や売買のタイミングを図るには、さまざまな分析手法が用いられます。

 分析手法には、大きく分けて「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」の2種類があります。

 テクニカル分析とは、相場の動きそのものが、先行きを見るための判断材料なのだという考えの上に立ち、過去の相場の動きを様々な手法で分析し売買判断につなげる相場の分析手法です。

 基本的に、過去のチャート(値動き)や出来高等から、今後の値動きを判断するというものです。

 私は、
 
 ファンダメンタル分析で投資対象銘柄の選別を行い
 テクニカル分析で投資のタイミングを図る


ということを心掛けています。

 ここでは、「ファンダメンタル分析」について取り上げたいと思います。

 「ファンダメンタル分析」とは、株価は会社の業績などで決まるという考え方から、個別企業の業績や財務状況などの分析をして、相場を見通そうという手法です。

 個別企業の業績や財務状況は、決算書から見ることが出来ます。

 決算書とは財務諸表とも言われ、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書などから構成されています。

 決算書には、その企業のある一定期間の売上や利益、期末時点での財政状態、ある一定期間のお金の流れが表されています。
 
 ここでは、まず、損益計算書や貸借対照表といった財務諸表の見方を解説した後、ファンダメンタル分析で活用される様々な指標について解説したいと思います。


管理人おすすめ証券会社は楽天証券
証券会社名
約定代金
10万円以下

約定代金
20万円以下
約定代金
30万円以下
約定代金
50万円以下
約定代金
100万円以下
無料資料請求
岡三オンライン証券 99円 100円 300円 300円 500円

■業界最低水準の取引手数料!


■リアルタイム入金(無料)
 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行
 りそな銀行、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、住信SBIネット銀行


■投資情報
 個別銘柄の投資情報レポート、アナリストレーティングが無料で閲覧できる!


■取引ツール
 岡三ネットトレーダーが無料で利用できる