このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
ファンダメンタル分析の
基礎知識

 
ファンダメンタル分析とは
 損益計算書の見方
 損益計算書の用語解説
 損益計算書の注意点
 貸借対照表の見方
 資本と負債の違い
 資本の構成
 負債と資産の構成
 会社四季報の見方
 債務超過とは
 債務超過の見分け方
 EPSとは
 PERとは 
 PER活用の注意点
 PBRとは
 PBR活用の注意点


 

損益計算書の用語解説

 ここでは、損益計算書に出てくる基本的用語の解説をします。

1.売上高とは

 売上高とは、読んで字のとおり、その企業が提供している商品やサービスがどれだけ売れたかを示す数値です。

 売上高が伸びていれば、その企業が提供している商品やサービスが売れているということになります。

2.営業利益とは

 営業利益は、売上高から売上原価、販売費、一般管理費を除いたものです。
 
 営業利益=売上高−売上原価−販売費−一般管理費

 イメージとしては、売上高から原材料費と人件費などを除いたものが営業利益というかんじです。

 よく企業が、経費削減、コスト削減、人件費削減などの経営努力を行いますが、ターゲットは、この売上原価、販売費、一般管理費になるわけです。

 これらのコストを抑えれば、営業利益がたくさん出ることがわかりますね。

 営業利益は、企業が本業でどれだけ利益を出しているかを示しますので、営業利益が赤字の企業は大変苦しい経営状況にあると言えます。

3.経常利益とは

 経常利益は、営業利益に支払利息や受取利息などの金融収支を加味したものです。

 経常利益=営業利益+受取利息−支払利息

 受取利息は企業が所有する現金などから発生する利子で、支払利息は借入金などから発生する利子です。

 営業利益は本業による利益、経常利益は借入金の利払いを加味したものですから、通常の企業活動から生じる利益と言えます。

 経常利益を見れば、この企業は儲かる体質にあるかどうか判断できますので、損益計算書の中では最も注目すべき項目と言えます。

4.当期利益(純利益)とは

 当期利益(純利益)は、経常利益に特別利益・特別損失を加味し、さらに法人税等を除いたものです。

 当期利益(純利益)=経常利益+特別利益−特別損失−法人税等

 特別利益とは、企業の通常の活動以外で得た利益のことです。

 例えば、固定資産売却益や有価証券売却益などです。

 つまり、会社所有の土地、建物、株式等の売却益などのことです。

 逆に、特別損失は損した金額ということになります。
 
 特別利益や特別損失は、毎年恒常的に発生するものではなく、その年だけ特別に発生した利益や損失だと考えることができます。

 よく経常利益の段階(企業の通常活動による利益)が赤字になると、保有資産を売り特別利益を計上し、当期利益を黒字に見せようとします。

 しかし、経常利益の段階で赤字ということは、本当は儲かる体質ではないのだと判断できます。

 最後に、法人税等を支払った後、最終的に企業がいくらの儲けを出したかが当期利益です。

 ここから、株主に配当が支払われ、利益剰余金として内部留保され自己資本を厚くしていくわけです。


管理人おすすめ証券会社は楽天証券
証券会社名
約定代金
10万円以下

約定代金
20万円以下
約定代金
30万円以下
約定代金
50万円以下
約定代金
100万円以下
無料資料請求
岡三オンライン証券 99円 100円 300円 300円 500円

■業界最低水準の取引手数料!


■リアルタイム入金(無料)
 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行
 りそな銀行、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、住信SBIネット銀行


■投資情報
 個別銘柄の投資情報レポート、アナリストレーティングが無料で閲覧できる!


■取引ツール
 岡三ネットトレーダーが無料で利用できる