このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
ファンダメンタル分析の
基礎知識

 
ファンダメンタル分析とは
 損益計算書の見方
 損益計算書の用語解説
 損益計算書の注意点
 貸借対照表の見方
 資本と負債の違い
 資本の構成
 負債と資産の構成
 会社四季報の見方
 債務超過とは
 債務超過の見分け方
 EPSとは
 PERとは 
 PER活用の注意点
 PBRとは
 PBR活用の注意点


 

損益計算書を見るときの注意点

 企業の業績動向(損益計算書、業績見通しなど)を知るには、企業のIRと会社四季報を活用するのが良いと思います。

 損益計算書を見るときは、時系列分析と同業他社との比較分析が重要です。

1.時系列分析

 会社四季報には、過去数年分の実績と、今期・来期の見通しが時系列で掲載されているので、一番分析しやすいと思います。

 会社四季報のデータを眺めていると、

 「この会社は、売り上げも利益も毎年伸びている成長企業だな」とか、

 「この会社は、売り上げが減少傾向だけど、利益は伸びているから原価低減やリストラなどが進んでいるな」とか、

 企業が現在どのような収益状況にあるのかがわかると思います。

2.同業他社との比較分析

 同業他社との比較分析も、割安銘柄を探し出すのに役立ちます。

 これも、やはり、全上場企業の業績状況が一覧できる会社四季報が最も便利です。

 例えば、同じ鉄鋼業で同じ収益状況だけど、A社はB社にくらべて株価が割安だなということも、会社四季報を眺めているとわかります。


 これで、おおまかな損益計算書の見方について御理解いただけたと思います。


管理人おすすめ証券会社は楽天証券
証券会社名
約定代金
10万円以下

約定代金
20万円以下
約定代金
30万円以下
約定代金
50万円以下
約定代金
100万円以下
無料資料請求
岡三オンライン証券 99円 100円 300円 300円 500円

■業界最低水準の取引手数料!


■リアルタイム入金(無料)
 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行
 りそな銀行、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、住信SBIネット銀行


■投資情報
 個別銘柄の投資情報レポート、アナリストレーティングが無料で閲覧できる!


■取引ツール
 岡三ネットトレーダーが無料で利用できる