このサイトは、FX初心者の方の入門として、FXの魅力、FXのリスク、FXの口座開設の方法、FXのリスク管理方法、為替の変動要因、テクニカル分析の方法、FXの心構えなどを紹介しています。FX取引の正しい知識を提供することにより、訪問者の方々の豊かな生活の一助となれば幸いです。
FXを始めよう!

■株式投資!TOP
■FX初心者入門ナビ(TOP)
■日経225ミニを始めよう!TOP

 FX初心者入門ナビ(TOP)
 管理人おすすめFX業者
 FX業者徹底解説
 FX業者徹底比較
 FXのリスク管理方法

■テクニカル分析とは
 テクニカル分析とは
 テクニカル分析の注意点
 トレンドラインを引く
 移動平均線とは
 移動平均線の活用方法
 移動平均線の限界
 ゴールデンクロスとは
 エンベロープとは
 ボリンジャーバンドとは
 ボリンジャーバンドの活用
 ボリンジャーバンド注意点
 RSIとは
 RSI活用の注意点
 ストキャスティクスとは
 MACDとは
 MACDの活用方法
 テクニカル分析入門書籍本

 為替の変動要因
 為替相場の歴史
 その他FXの基礎知識
 米国経済指標の解説


 

MACDとは

 MACDとは、Moving Average Convergence Divergenceの略で、日本語では「移動平均収束拡散法」などと呼ばれていますが、簡単に言えば、長短2本の移動平均線の乖離を表したものです。

 移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスを売買サインとする方法について解説しましたが、その弱点は、売買サインが遅れることです。

 これに対してMACDは、長短2本の移動平均線がクロスするよりも前にその乖離幅がピークアウトすることに着目し、より正確な売買サインを示すように考案されたテクニカル分析指標です。

※ MACDで使用される移動平均線はいわゆる一般的な「単純移動平均線」ではなく「平滑移動平均線」を使用します。詳しい説明は省きますが、「平滑移動平均線」とは、一定期間の為替レートについて、直近ほど高いウェートになるようにして平均を求めたものです。単純移動平均線よりも滑らかな曲線を描くことで、いわゆる「ダマシ」を少なくするのが目的です。

 具体的には、「期間の短い移動平均(日足チャートでは一般的に5日)」から「期間の長い移動平均(日足チャートでは一般的に10日)」を差し引いたものを「MACDライン」と呼びます。

 「期間の短い移動平均」と「期間の長い移動平均」との乖離幅が、「MACDの数値」となるわけです。

 つまり、長短移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスのときにMACD値は「0」となり、また、上昇相場のときにはMACD値は上昇、下落相場のときにはMACD値は下落する傾向にあります。

 さらに、「MACDライン」について一定期間(日足チャートでは一般的に5日)単純平均したものを「シグナルライン」と呼びます。

 MACDの活用方法としては、以下の2種類があります。


1.MACDラインとシグナルラインの位置関係から売買サインを判断する方法
2.MACDラインと為替レートの動きの関係から売買サインを判断する方法



 MACDは、移動平均線の乖離を取ることからオシレーター系の要素もありますが、トレンドへの追従性にも優れた指標だといわれており、最近人気が高まりつつあるテクニカル分析指標です。

 少し前までは、テクニカル分析指標としては、RSIや一目均衡表などが人気でしたが、最近は、MACDを活用する投資家が増えてきているようです。

 理由は、「MACDのシグナルが当たっているケースが多くなってきている」、「シグナルがわかりやすい」という点が挙げられます。

 少なくとも、MACDを参考にしている投資家が増えてきているということは、為替レートの変動がMACDの影響を受ける傾向が強くなるということが言えると思います。

 なお、外国為替証拠金取引(FX)の取引業者が提供する為替チャートでは、長短移動平均線やシグナル線の期間の取り方(パラメーターの設定)が自由にできますので、いろいろ試行錯誤して検証してみるとよいと思います。


 MACDについてもっと深く学ぶならこの本!
アペル流テクニカル売買のコツMACD開発者が明かす勝利の方程式
(ウィザードブックシリーズ) (単行本)

 テクニカル分析の世界的な権威であり、MACDの開発者であるジェラルド・アペル氏がサイクルやトレンド、モメンタム、出来高シグナルなどを用いて将来の相場動向を予測する手法を明らかにしています。
 本書は、既存の多くのテクニカル分析本とは異なり、ステップ・バイ・ステップの構成によって、初心者からプロの投資家まで今日の高いボラティリティのマーケットで大きな成功を収めることが可能になっています。
 アペル氏は広範な戦略やタイミングモデルを詳細に分かりやすく解説してます。また多くの独自の高度なテクニカル分析も本書で初めて公開しています。短期、中期、長期投資家向けにテクニカル分析ソリューションも提示、それはミューチュアルファンドを対象とする投資家にも有効である。テクニカル分析に革命を起こし、人気の高いオシレーターであるMACDに基づく戦略やモデルの紹介は、アペル氏自身が開発したこともあって、その洞察は深く、示唆に富み、他の追随を許さない冴えわたったものになっています。読者がリアルトレードですぐにでも利益を上げようと思っているならば、本書は必携の書です。



 テクニカル分析を駆使してFXで儲けよう!
管理人おすすめFX業者
(サイバーエージェントFXはオンライ口座開設が可能です!)
取引会社名
取引コスト
(手数料+スプレッド)

オンライン入出金 オンライン口座開設
サイバーエージェントFX

1,000通貨単位の取引が可能

米ドル1万ドル当たり
往復80円


三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行

すべて対応、しかも無料


■サイバーエージェントFXの口座開設キャンペーン
 1.キャンペーン期間中に口座開設を完了
 2.口座開設完了後30日以内に、初回入金30万円以上と外貨exの場合1回1万通貨以上のお取引

初回入金額 キャッシュバック金額
30万円以上50万円未満 3,000円キャッシュバック!
50万円以上1,00万円未満 5,000円キャッシュバック!
100万円以上150万円未満 10,000円キャッシュバック!
150万円以上200万円未満 15,000円キャッシュバック!
200万円以上 20,000円キャッシュバック!


 期間限定キャンペーンです!


■サイバーエージェントFXのオンライン口座開設の手順

@ サイバーエージェントFXのオンライン口座開設のコーナーにアクセスする。
A サイバーエージェントFXの約款・規定に同意する。
B 名前・住所・銀行口座など必要事項を登録する。
C 身分証明のコピーを送付する(FAXまたは郵送)。
D サイバーエージェントFXから口座開設通知書が送られてくる(1週間程度後)。

 口座開設の手続きは、これだけです。