このサイトは、FX初心者の方の入門として、FXの魅力、FXのリスク、FXの口座開設の方法、FXのリスク管理方法、為替の変動要因、テクニカル分析の方法、FXの心構えなどを紹介しています。FX取引の正しい知識を提供することにより、訪問者の方々の豊かな生活の一助となれば幸いです。
FXを始めよう!

■株式投資!TOP
■FX初心者入門ナビ(TOP)
■日経225ミニを始めよう!TOP

 FX初心者入門ナビ(TOP)
 管理人おすすめFX業者
 FX業者徹底解説
 FX業者徹底比較
 FXのリスク管理方法

■テクニカル分析とは
 テクニカル分析とは
 テクニカル分析の注意点
 トレンドラインを引く
 移動平均線とは
 移動平均線の活用方法
 移動平均線の限界
 ゴールデンクロスとは
 エンベロープとは
 ボリンジャーバンドとは
 ボリンジャーバンドの活用
 ボリンジャーバンド注意点
 RSIとは
 RSI活用の注意点
 ストキャスティクスとは
 MACDとは
 MACDの活用方法
 テクニカル分析入門書籍本

 為替の変動要因
 為替相場の歴史
 その他FXの基礎知識
 米国経済指標の解説


 

エリオット波動理論とは


1.エリオット波動理論とは
 エリオット波動理論とは、R.N.エリオット氏の理論で、相場はフィボナッチ数のもと一定の基本的リズムがあると考えました。エリオット波動理論の基本的な考え方は、5つの上昇波と3つの下降波で構成され、合計8つの波が1つの周期となり、そのパターンで相場は展開するというものです。


2.エリオット波動の基本形


 エリオット波動は、上昇相場においては、上昇5波、下降3波の計8波が基本の形です。

 上昇5波は、3つの推進波と2つの調整波からなり、下降3波は、2つの推進波と1つの調整波からなります。

 推進波とは、大きな波と同じ方向に動く波動で、調整波とは、大きな波と逆の方向に動く波動です。

 上図で言えば、

上昇5波・・・3つの推進波が(1)(3)(5)、2つの調整波が(2)(4)
下降3波・・・2つの推進波が(A)(C)、1つの調整波が(B)


※ それぞれの波動は、さらに同様の波動に細分化されます。
 
 (1)(3)(5)(A)(C)は5波動に、(2)(4)(B)は、3波動に細分化されます。また、(1)の波動が、@ A B C Dに細分化されるとすると、@BDはさらに5波動に、ACは、さらに3波動にわかれます。基本形は、上昇の5波動、下降の3波動で全部で8波動。この3、5、8という数字全てがフィボナッチ数です。次の細分化では、上昇21波動、下降13波動で全部で34波動。この13、21、34もフィボナッチ数です。さらなる細分化では、上昇89波動、下降55波動で全部で144波動。この55、89、144もフィボナッチ数です。
 このように、波動を細分化していくと、必ずフィボナッチ数になります。
 → フィボナッチ数についての解説はこちら。



3.エリオット波動の基本形の分解

■波動(1)
 波動(1)は、上昇相場の起点となる波で、波動(2)が波動(1)を下回らないことで、この波を確認することになります。
 なお、さらに細かく5波に分かれる(=エクステンション)する場合があります。
 
■波動(2)
 波動(1)の38.2%、61.8%押しをすることが多い(上図の場合61.8%押しに近い)。
 フラットかジクザグ型の3波動の構成となるが、a波=c波となることが多い。
 波1の4波レベルまで押すことがある。

■波動(3)
 推進波の中で最も強力な波動であり、波動(1)の1.618倍となる場合があります(上図の場合、概ね1.6倍)。
 5波にエクステンションする場合あり、途中ギャップを生じる場合もあります。


■波動(4)
 波動(3)の38.2%押し、または波動(3)の4波までの押しもあります。波動(2)と同じ長さになることも多いです。
 フラットかジクザグ型では、a波=c波となることが多く、トライアングルになることもある。

■波動(5)
 波動(1)と同じ長さや、波動(1)〜(3)の61.8%の長さとなることがあります。
 エクステンションする場合あり。斜型のトライアングルを作ることもあります。
 通常、第5波は第3波の頂上を超えますが、たまに、超えない場合があります。これを、未達成(フェイラー)といいます。

■波動(A)
 3波構成だとフラットかイレギュラーフラット型、5波構成だとジグザク型となることが多いです。

■波動(B)
 波動(A)の初めまで戻ればフラット型、波動(A)を超えればイレギュラーで波動(A)の1.382倍となることがあります。ジグザク型だと波動(A)の38.2%、50%、61.8%のいずれかに戻ることが多いです。
 基本的に3波構成ですが、たまにトライアングルとなります。

■波動(C)
 フラットかジグザグ型だと波動(A)と同じ長さになるが、イレギュラーフラットだと波動(A)の1.618倍になることがあります。


4.エリオット波動理論の重要な法則
 エリオット波動理論には、いくつかの法則がありますが、最重要の法則は、「第3波が、最短になることはない」ということです。

 推進波の第1波、第3波、第5波の中で 第3波は 一番エクステンションしやすい波動ですが、この3つの中で、一番短くなることはないということです。

 もし第3波が第1波よりも短かった場合、第5波は当然のことながら第3波よりも短くなります。

 つまり、第5波の天井の最高値、または底の最安値は、予想がある程度つくといえます。



 エリオット波動理論について徹底理解するならこの本、DVD!
エリオット波動入門 (単行本)


 全米テクニカルアナリスト協会(MTA)のアワード・オブ・エクセレンス賞を受賞した、波動理論の教科書ともいえる本です。
 著者のロバート・R・プレクター(Robert R. Prechter,Jr.)は、投資予測月刊ニュースレター「ザ・エリオット・ウエーブ・セオリスト(EWT)」と 「グローバル・マーケット・パスペクティブ」の編集長。1971年、エール大学で投資 行動心理学の学位を修得して卒業し、メリルリンチのマーケットアナリスト部門テク ニカルマーケットスペシャリストとして、そのキャリアをスタートした。その後、 1984年にパフォーマンスを競う全米トレーディングチャンピオンシップにモニターさ れるリアルマネーオプション部門で、444.4%という前例のない高いリターンを上げ た。1989年12月にはフィナンシャル・ニュース・ネットワークが同氏をグル・オブ・ ザ・デケイドに指名し、1990~1991年には全米テクニカルアナリスト協会の会長を務めた。


DVD エリオット波動 ~勝つための仕掛けと手仕舞い~

 TRADERS HALL OF FAME AWARD受賞者であり、金融界の古典『エリオット波動論者』の著者でもあるロバート・プレクターが講演する、「エリオット波動による投資術(絶対勝てる市場参入・退出のタイミング戦略)」です。
 彼が明日の投資家たちに、波動理論を使った市場の変化の時と、それを支えるテクニカル指標の見方を指導する貴重な講演です。
 特にテクニカル分析に興味がある人にとって、ラルフ・ネルソン・エリオットの考案した、「5波で上昇、3波で下落」、「フィボナッチ係数」から成り立つエリオット波動について詳細に解説しています。



 テクニカル分析を駆使してFXで儲けよう!
管理人おすすめFX業者
(サイバーエージェントFXはオンライ口座開設が可能です!)
取引会社名
取引コスト
(手数料+スプレッド)

オンライン入出金 オンライン口座開設
サイバーエージェントFX

1,000通貨単位の取引が可能

米ドル1万ドル当たり
往復80円


三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行

すべて対応、しかも無料


■サイバーエージェントFXの口座開設キャンペーン
 1.キャンペーン期間中に口座開設を完了
 2.口座開設完了後30日以内に、初回入金30万円以上と外貨exの場合1回1万通貨以上のお取引

初回入金額 キャッシュバック金額
30万円以上50万円未満 3,000円キャッシュバック!
50万円以上1,00万円未満 5,000円キャッシュバック!
100万円以上150万円未満 10,000円キャッシュバック!
150万円以上200万円未満 15,000円キャッシュバック!
200万円以上 20,000円キャッシュバック!


 期間限定キャンペーンです!


■サイバーエージェントFXのオンライン口座開設の手順

@ サイバーエージェントFXのオンライン口座開設のコーナーにアクセスする。
A サイバーエージェントFXの約款・規定に同意する。
B 名前・住所・銀行口座など必要事項を登録する。
C 身分証明のコピーを送付する(FAXまたは郵送)。
D サイバーエージェントFXから口座開設通知書が送られてくる(1週間程度後)。

 口座開設の手続きは、これだけです。