このサイトは、FX初心者の方の入門として、FXの魅力、FXのリスク、FXの口座開設の方法、FXのリスク管理方法、為替の変動要因、テクニカル分析の方法、FXの心構えなどを紹介しています。FX取引の正しい知識を提供することにより、訪問者の方々の豊かな生活の一助となれば幸いです。
FXを始めよう!

■株式投資!TOP
■FXを始めよう!TOP
■日経225ミニを始めよう!TOP

FXの魅力
 FX初心者入門ナビ(TOP)
 FXは為替差益が魅力
 FXはレバレッジが魅力
 FXはスワップ金利が魅力
 FXは取引コストが安い
 FXは少額取引が可能
 その他のFXの魅力
 外貨預金はボッタクリ
 証拠金とは


管理人おすすめFX業者

 外為どっとコムの評判、評価
 サイバーエージェントFX評判、評価
 FXプライムの評判、評価
 インヴァスト証券の評判、評価


FX業者の評判、評価
 
外為どっとコムの評判、評価@
 外為どっとコムの評価、評判A
 サイバーエージェントFXの評価、評判
 FXプライムの評価、評判
 マネーパートナーズの評価、評判
 セントラル短資FXの評価、評判
 FX Online Japanの評価、評判
 みんなのFXの評価、評判
 フェニックス証券の評価、評判
 インヴァスト証券の評価、評判@
 インヴァスト証券の評価、評判A
 上田ハーローの評価、評判


FX業者の徹底比較

 FX業者選択のポイント
 FX業者取引コストで比較
 FX業者入出金の利便性で比較
 FX業者スワップポイントで比較
 FX業者信頼性・知名度で比較
 少額取引が可能なFX業者

 FX業者口座開設キャンペーンで比較

 FXのリスク管理方法
 テクニカル分析とは
 為替の変動要因
 為替相場の歴史
 その他FXの基礎知識
 米国経済指標の解説


 

FX取引会社選択のポイント

 「FXを始めよう!」と思っても、「どの取引会社で口座開設し、どのようにスタートしたらよいのかわからない」という方も多いと思います。

 ここでは、そのような方のために、FXの取引会社を選択する上で大切なポイントを解説したいと思います。

 FXの取引会社を選択する上で大切なポイントとしては、以下の5点が挙げられます。


1.取引コストが安いか
2.入出金が便利か
3.スワップポイントが有利か
4.少額取引が可能か
5.複数の取引会社に口座開設する



1.取引コストが安いか
 FXの取引コストとしては、取引手数料とスプレッドがあります。

取引コスト = 取引手数料 + スプレッド

 取引手数料は、株式投資などの売買手数料と同様で、売買の際に取引会社から取られる手数料のことで、一般的には、「1万通貨当たり片道500円」とか「1通貨当たり片道5銭」といったように設定されています。

 スプレッドとは、売値と買値の差のことで、例えば投資家の買値(アスク)が1ドル=120円54銭、投資家の売値(ビット)が1ドル=120円50銭と提示されていれば、4銭がスプレッド、つまり、1万ドル取引の場合は400円がスプレッドによる取引コストとしてかかるわけです。

 例えば、米ドル1万ドル当たりの取引手数料が片道500円、スプレッドが5銭(1万ドル当たり500円の取引コスト)の会社で取引したとすると、往復で1500円(=往復取引手数料1,000円+スプレッドによるコスト500円)の取引コストがかかるということになります。

 この場合、仮に1ドル=120円50銭で買いポジションを取った場合、1ドル=120円65銭が損益分岐点、15銭以上ドル高にならないと利益が出ないわけです。

 ちなみに、私が活用している外為どっとコム(FXステージ口座)では、取引手数料は全通貨無料、スプレッドが米ドルの場合4銭(1万ドル当たり400円の取引コスト)となっており、往復でトータル400円の取引コストですみます。

 この場合、例えば、1ドル=120円50銭で買いポジションを取った場合、1ドル120円54銭が損益分岐点、4銭以上ドル高になれば利益になります。

 このように、FXの取引会社を選択する際は、取引コスト(手数料+スプレッド)ができるだけ安い会社を選択することが大切なポイントだということが御理解いただけたでしょう。

 なお、取引コストについては、取引コストで比較のコーナーで各取引会社を詳細に比較していますので、興味のある方はチェックしてみてください。


2.入出金が便利か
 入出金の利便性も、FXの取引会社を選択する上で重要なポイントです。

 入出金を行う際に、余計な手数料を取られたり、口座への反映に時間がかかったり、わざわざ銀行のATMに入金しに出かけないといけない取引会社だと、非常に不便です。

 やはり、ネットバンキングによるリアルタイム入出金が手数料無料でできる取引会社を選択すると便利でしょう。

 ちなみに、私が活用している外為どっとコムやサーバーエージェントFXでは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、郵便局、イーバンク銀行、ジャパンネット銀行といった主要ネットバンクのリアルタイム入出金が手数料無料で対応しているので非常におすすめです。

 なお、ネットバンキングによるリアルタイム入出金への対応については、入出金の利便性で比較のコーナーで各取引会社を詳細に比較していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

管理人おすすめFX業者
(外為どっとコムはオンライ口座開設が便利です!)
取引会社名
取引コスト
(手数料+スプレッド)

オンライン入出金 オンライン口座開設
外為どっとコム(FXステージ)
米ドル1万ドル当たり
往復400円



三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
郵便局
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行

すべて対応、しかも無料

 

■外為どっとコムの口座開設キャンペーン

 口座開設をし、初回30万円以上入金すれば5,000円がもらえる!
 2009年2月27日までです!


■外為どっとコムのオンライン口座開設の手順

@ 外為どっとコムのオンライン口座開設のコーナーにアクセスする。
A 外為どっとコムの約款・規定に同意する。
B 名前・住所・銀行口座など必要事項を登録する。
C 身分証明のコピーを送付する(FAXまたは郵送)。
D 外為どっとコムから口座開設通知書が送られてくる(1週間程度後)。

口座開設の手続きは、これだけです。


管理人おすすめ取引業者
(サイバーエージェントFXはオンライ口座開設が便利です!)
取引会社名
取引コスト
(手数料+スプレッド)

オンライン入出金 オンライン口座開設
サイバーエージェントFX 米ドル1万ドル当たり
往復400円

三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
郵便局
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行

すべて対応、しかも無料


■サイバーエージェントFXの口座開設キャンペーン

 口座開設をし、初回30万円以上入金と取引条件(取引1回1万通貨以上)すれば最大10,000円がもらえる!
 初回入金30万円以上50万円未満の場合は3,000円、
 初回入金50万円以上100万円未満の場合は5,000円、
 初回入金100万円以上の場合は10,000円

 2008年12月31日までのキャンペーンです!


■サイバーエージェントFXのオンライン口座開設の手順

@ サイバーエージェントFXのオンライン口座開設のコーナーにアクセスする。
A サイバーエージェントFXの約款・規定に同意する。
B 名前・住所・銀行口座など必要事項を登録する。
C 身分証明のコピーを送付する(FAXまたは郵送)。
D サイバーエージェントFXから口座開設通知書が送られてくる(1週間程度後)。

口座開設の手続きは、これだけです。



3.スワップポイントが有利か
 FXは、為替差益を狙えることが大きな魅力ですが、その他に高金利通貨への投資に魅力を感じる方も多いでしょう。
 
 そういった方は、スワップポイントが有利に設定されているかも、取引業者を選択する上で気になるポイントです。

 スワップポイントは、同一時点でも、あるAという業者では「米ドル1万ドル買い+157円、売り−160円」、Bという業者では「米ドル1万ドル買い+150円、売り−165円」、「Cという業者では「米ドル1万ドル買い+80円、売り−160円」といったように、業者によって設定が大きく異なります。

 買いスワップと売りスワップの絶対値の差額が業者の利益となっているので、絶対値の差額がなるべく小さい業者を選択することが投資家にとって有利になります。

 なお、スワップポイントは日々変動するものですが、買いスワップと売りスワップの絶対値の差額については、業者ごとに固定されているのが一般的です。

 スワップポイントについては、スワップポイントで比較のコーナーで、各取引会社が提示しているスワップポイントを徹底比較していますので、興味のある方はチェックしてみてください。 


4.少額取引が可能か
 これから、FXを始めようという方の場合は、小額取引が可能な取引業者を選択するのも良いと思います。

 通常、FXは、1万通過単位というのが一般的です。

 米ドルの場合、1万ドルですから100万円以上の取引金額になりますので、「これはちょっと大きな金額だな」と思う方も多いでしょう。

 しかし、中には米ドルなら1,000ドル単位から取引できる会社もあります。

 通常の1/10ですし、10万円程度の取引なので、ビギナーの方でも気軽にチャレンジしてみることができます。
 
 これからFXを始めようという方で、いきなり大金をリスクにさらすのが怖いと考える方は、このようなビギナー向けの配慮がある会社を選択するのも良いでしょう。

 例えば、外為どっとコムやサイバーエージェントFXでは、米ドルなら1,000ドルからの取引が可能なので、初心者の方にはおすすめです。

 1000通貨単位(10万円前後)の少額取引が可能な業者については、少額取引が可能な業者のコーナーで紹介していますので、興味のある方は是非ご覧になってください。


5.複数の取引会社に口座開設する
 FXを、ネット中心で取引しようと考えている方は、複数の会社の口座を保有しておくことをおすすめします。

 なぜならば、各会社によって、提供しているチャート分析機能や情報ツールが様々あるため、複数社に口座を保有しておけば、これらの様々なサービスや情報を無料で得ることができるからです。

 また、ネット取引の場合はシステム障害のリスクもあります。

 といっても、5社も6社も保有する必要はなく、自分が気に入った2〜3社に口座開設しておけば十分でしょう。