このサイトは、FX初心者の方の入門として、FXの魅力、FXのリスク、FXの口座開設の方法、FXのリスク管理方法、為替の変動要因、テクニカル分析の方法、FXの心構えなどを紹介しています。FX取引の正しい知識を提供することにより、訪問者の方々の豊かな生活の一助となれば幸いです。
FXを始めよう!

■株式投資!TOP
■FX初心者入門ナビ(TOP)
■日経225ミニを始めよう!TOP

 FX初心者入門ナビ(TOP)
 管理人おすすめFX業者
 FX業者徹底解説
 FX業者徹底比較

FXのリスク管理方法
 FXのリスク管理方法
 レバレッジは危険か?
 自動ストップロスと追加証拠金
 基本的な注文方法の解説
 逆指値注文とは
 OCO注文とは
 IFD注文とは
 IFO注文とは

 テクニカル分析とは
 為替の変動要因
 為替相場の歴史
 その他FXの基礎知識
 米国経済指標の解説


 

レバレッジは危険か?

 「レバレッジ比が高いことは危険だ」と思われがちですが、同じ取引額であれば、レバレッジ比が高くても低くても為替変動によって発生する評価損益額は同じです。

 1万ドル買い(売り)のポジションを建てた場合、レバレッジが何倍であろうとも(証拠金をいくら預けていても)、為替レートが1円変動すれば1万円の評価損益が発生します。

 例えば、1ドル=100円で1万ドルの買いポジションを建てていて、為替レートが1ドル=95円になれば、レバレッジが何倍であろうとも(証拠金をいくら預けていても)、損失額は同じ5万円なわけです。

為替レートの変動額と評価損益額(1万ドル取引の場合)
取引単位 為替レートの変動額 評価損益額
1万ドル 1銭 100円
1万ドル 10銭 1000円
1万ドル 1円 1万円
1万ドル 10円 10万円

取引単位と評価損益額(1円為替レートが変動した場合)
取引単位 為替レートの変動額 評価損益額
1万ドル 1円 1万円
2万ドル 1円 2万円
5万ドル 1円 5万円
10万ドル 1円 10万円

証拠金(レバレッジ)と評価損益額
(1ドル=100円で1万ドル取引、1円為替レートが変動した場合)
取引単位 証拠金(レバレッジ) 為替レートの変動額 評価損益額
1万ドル 100万円(1倍) 1円 1万円
1万ドル 20万円(5倍) 1円 1万円
1万ドル 10万円(10倍) 1円 1万円
1万ドル 5万円(20倍) 1円 1万円

 仮に、最大20倍までのレバレッジをかけることができる場合、50万円の証拠金を預ければ、最大1000万円までの取引が可能になり、1ドル=100円だとすると、最大10万ドルまでの取引が可能になります。

 しかし、取引限度額の上限まで取引を行うか、つまりはレバレッジを何倍までかけるかは、投資家の自由な判断にゆだねられます。

 レバレッジ比が高いことが危険なのではなくて、レバレッジ比いっぱいまで取引してしまうリスク管理が危険なのです。

 レバレッジ比を気にするのではなく、今自分が実際にどのぐらいの金額の取引を行っているのか、その取引金額は為替レートが1円動けばどのぐらいの損益が発生するポジションなのか、これらをきちんと認識して取引を行うことが大切です。

 ビギナーの方は、ドル/円相場ならば、最低取引単位である1万ドルの取引からスタートするのが無難でしょう。

 1万ドルということは、為替レートが1円変動すれば1万円の評価損益が発生するわけですが、この変動に耐えられない方は、外国為替証拠金取引をすべきではないでしょう。

むしろレバレッジが低い方が危険!

 レバレッジ比が高いことがリスクではありません。

 むしろレバレッジ比が低い方がリスクが大きいです。

 特に、相場に不慣れな投資家は(私もそうですが・・。)、いったん損失圏に入ると、なかなか損切りのアクションが起こせず、深みにはまるケースが多いのです。

 レバレッジ比が低い場合は、より多くの証拠金を預けているため、損切りを躊躇すればするほどより多くのお金を失うことになります。

 例えば、60万円の証拠金を預けて、米ドル1万ドルを1ドル=120円で買った場合(レバレッジ2倍)、含み損が30万円、40万円と拡大してもポジションは維持されてしまうので、かえってロスカットの判断が遅くなり、損失を拡大してしますことになります。

 レバレッジ比が高い方が預け入れている証拠金も少ないため、早いタイミングで自動ストップロスが発動し損失を最小限に抑えることができます。

 また、投資家がもう少しポジションを維持して様子を見たいと判断する場合は、追加証拠金を差し入れる選択も可能になります。

 このように、レバレッジ比が高い方がむしろ、ロスカットが早くなり損失が限定的になりますし、また投資家の選択肢も広がるわけです。

 ですから、レバレッジ比が高い方が、レバレッジ比が低いよりも資金効率が良く、リスクが小さいと考えることができます。

 レバレッジ比が高いことが危険なのではなくて、レバレッジ比いっぱいまで取引してしまうリスク管理が問題なのです。