このサイトは、FX初心者の方の入門として、FXの魅力、FXのリスク、FXの口座開設の方法、FXのリスク管理方法、為替の変動要因、テクニカル分析の方法、FXの心構えなどを紹介しています。FX取引の正しい知識を提供することにより、訪問者の方々の豊かな生活の一助となれば幸いです。
FXを始めよう!

■株式投資!TOP
■FXを始めよう!TOP
■日経225ミニを始めよう!TOP

FXの魅力
 FX初心者入門ナビ(TOP)
 FXは為替差益が魅力
 FXはレバレッジが魅力
 FXはスワップ金利が魅力
 FXは取引コストが安い
 FXは少額取引が可能
 その他のFXの魅力
 外貨預金はボッタクリ
 証拠金とは


管理人おすすめFX業者

 外為どっとコムの評判、評価
 サイバーエージェントFX評判、評価
 FXプライムの評判、評価
 インヴァスト証券の評判、評価


FX業者の評判、評価
 
外為どっとコムの評判、評価@
 外為どっとコムの評価、評判A
 サイバーエージェントFXの評価、評判
 FXプライムの評価、評判
 マネーパートナーズの評価、評判
 セントラル短資FXの評価、評判
 FX Online Japanの評価、評判
 みんなのFXの評価、評判
 フェニックス証券の評価、評判
 インヴァスト証券の評価、評判@
 インヴァスト証券の評価、評判A
 上田ハーローの評価、評判


FX業者の徹底比較

 FX業者選択のポイント
 FX業者取引コストで比較
 FX業者入出金の利便性で比較
 FX業者スワップポイントで比較
 FX業者信頼性・知名度で比較
 少額取引が可能なFX業者

 FX業者口座開設キャンペーンで比較

 FXのリスク管理方法
 テクニカル分析とは
 為替の変動要因
 為替相場の歴史
 その他FXの基礎知識
 米国経済指標の解説


 

FX業者手数料比較

  FXの取引コストとしては、取引手数料とスプレッドがあります。

取引コスト = 取引手数料 + スプレッド

 取引手数料は、株式投資などの売買手数料と同様で、売買の際に取引会社から取られる手数料のことで、一般的には、「1万通貨当たり片道500円」とか「1通貨当たり片道5銭」といったように設定されています。

 スプレッドとは、売値と買値の差のことで、例えば投資家の買値(アスク)が1ドル=120円54銭、投資家の売値(ビット)が1ドル=120円50銭と提示されていれば、4銭がスプレッド、つまり、1万ドル取引の場合は400円がスプレッドによる取引コストとしてかかるわけです。

 例えば、米ドル1万ドル当たりの取引手数料が片道500円、スプレッドが5銭(1万ドル当たり500円の取引コスト)の会社で取引したとすると、往復で1,500円(=往復取引手数料1,000円+スプレッドによるコスト500円)の取引コストがかかるということになります。

 この場合、仮に1ドル=120円50銭で買いポジションを取った場合、1ドル=120円65銭が損益分岐点、15銭以上ドル高にならなければ利益が出ないわけです。

 最近では、FXの業者も競争激化により手数料の値下げ合戦が相次いでおり、中には「全通貨手数料無料、取引コストはスプレッドのみ」という業者も増えています。

 例えば、私が活用している外為どっとコム(FXステージ口座)では、取引手数料は全通貨無料、スプレッドが米ドルの場合4銭(1万ドル当たり400円の取引コスト)となっており、往復でトータル400円の取引コストですみます。

 この場合、例えば米ドル1万ドルを取引したとすると、往復取引コストがスプレッドの400円だけと言うことになります。

 この場合、仮に1ドル=120円50銭で買いポジションを取った場合、1ドル=120円54銭が損益分岐点、4銭以上ドル高になれば利益が出るわけです。

このように、FXの取引業者を選択する際は、取引コスト(手数料+スプレッド)ができるだけ安い会社を選択することが勝負を決める大切なポイントと言えるでしょう。

 ですから、取引業者を選択する際は、取引コスト(取引手数料+スプレッド)について徹底比較することが重要です。

 以下の表では、取引コストが1,000円以下のサービスを提供しているFX会社の取引コスト(取引手数料+スプレッド)を比較していますので、皆さんの取引会社選びに是非ご活用ください。

 私としては、サービスの質、システムの安定性・信頼性、手数料などを総合的に判断すると、外為どっとコムとサイバーエージェントFXがおすすめです。

FX口座はオンライン口座開設が便利!

■FX口座ののオンライン口座開設の手順

@ オンライン口座開設のコーナーにアクセスする。
A 約款・規定に同意する。
B 名前・住所・銀行口座など必要事項を登録する。
C 身分証明のコピーを送付する(FAXまたは郵送)。
D 口座開設通知書が送られてくる(1週間程度後)。

口座開設の手続きは、これだけです。


FX業者の取引コスト比較表
(米ドル1万ドル取引の場合、2008年11月1日時点)
取引会社名
片道取引手数料

スプレッド
によるコスト
合計コスト 無料資料請求
サイバーエージェントFX 無料 100円 100円
外為どっとコム
(FXトレード)
無料 400円 400円  
インヴァスト証券FX24
(くりっく365以外)

無料 100円 100円
マネーパートナーズ 無料 200円 200円
フェニックス証券 無料 200円 200円
FXプライム 無料 400円 400円
パンタ・レイ証券 無料 100円 100円  
エフエックス・オンライン
・ジャパン
無料 200円 200円
インヴァスト証券
(くりっく365)
210円
(日計り決済手数料は無料)
200円 620円  「為替-オンライントレード-INV@ST」
上田ハーローFX 200円
(日計り決済手数料は無料)
400円 800円