このサイトは、FX初心者の方の入門として、FXの魅力、FXのリスク、FXの口座開設の方法、FXのリスク管理方法、為替の変動要因、テクニカル分析の方法、FXの心構えなどを紹介しています。FX取引の正しい知識を提供することにより、訪問者の方々の豊かな生活の一助となれば幸いです。
FXを始めよう!

■株式投資!TOP
■FX初心者入門ナビ(TOP)
■日経225ミニを始めよう!TOP

 FX初心者入門ナビ(TOP)
 管理人おすすめFX業者
 FX業者徹底解説
 FX業者徹底比較

FXのリスク管理方法
 FXのリスク管理方法
 レバレッジは危険か?
 自動ストップロスと追加証拠金
 基本的な注文方法の解説
 逆指値注文とは
 OCO注文とは
 IFD注文とは
 IFO注文とは

 テクニカル分析とは
 為替の変動要因
 為替相場の歴史
 その他FXの基礎知識
 米国経済指標の解説


 

逆指値注文とは

 逆指値注文とは、「指値まで値上がりしたら買う」、「指値まで値下がりしたら売る」といった注文のことで、ロスカット(損切り)や利益保全のための注文機能として、たいていの外国為替証拠金取引の取引業者に用意されている機能です。

逆指値注文は「リミット・オーダー」とも言われることもあります。

 一般的には、買い指値注文の場合は「できるだけ安く買いたい」と考えるのが普通ですから、現在の相場よりも安く指値をし、また、売り指値注文の場合は「できるだけ高く売りたい」と考えるのが普通ですから、現在の相場よりも高く指値をするものです。

 逆指値注文は、「高くなったら買う」「安くなったら売る」といった意味の注文なので、通常の指値注文の考え方とは「逆」であることから「逆指値注文」と呼ばれています。

■逆指値注文の活用方法
逆指値注文の活用方法としては、大きく分けて、以下の2種類があります。


1.保有建玉のリスク管理のための活用
2.レンジブレイクをとらえて新規建玉をする活用


 具体的な活用方法には、・・・で、詳細に活用していますので興味のある方は御覧になってください。

■逆指値注文の種類
 逆指値注文には、以下の2種類の執行条件を付けることができます。


1. 逆指値の成行(ST注文)
2. 逆指値の指値(STL注文)



 逆指値の成行(ST注文)は、相場が指値価格に達したら成行注文を自動的に出す注文で、逆指値の指値(SLT注文)は、相場が指値価格に達したら指値注文を自動的に出す注文です。

 逆指値の成行(ST注文)の特徴としては、急激な相場変動が発生した場合、成行注文なので事前に想定していた範囲から乖離した値段で約定が成立するリスクがあることです。

 また、逆指値の指値(STL注文)の特徴としては、急激な相場変動が発生した場合、指値注文なので必ずしも約定しないリスクがあります。

 これらの特徴については、注意が必要です。

 それでは、リスク管理のために逆指値注文を活用する場合と、レンジブレイクをとらえて新規建玉をするために逆指値注文を活用する場合の具体例について、それぞれ解説したいと思います。

■逆指値注文の活用例@(リスク管理の場合)
 逆指値注文は、リスク管理を行う上で最も基本的な注文方法です。

 リスク管理を目的とした逆指値注文の活用方法としては、相場が思惑とは反対方向に動いた場合に備え、「保有している買い建玉について一定以下の価格になったら返済売り」、「保有している売り建玉について一定以上の価格になったら買い戻し」といった注文を出す方法が考えられます。

 外国為替市場は24時間動いており、寝ている間に為替レートが大幅に変動することがあります。

 一般の個人投資家の場合、プロのディーラーのように24時間為替相場を見ているわけには行きませんから、逆指値注文を活用してリスク管理(あらかじめ損失を最小限に限定しておいたり、一定の利益を確保しておくこと)をする必要があります。

 リスク管理という観点から逆指値注文を活用するケースとしては、以下のような場合が想定されます。


1.損失を限定したい場合
2.一定の利益を確保した上で、更に利益を追求したい場合


 以下、それぞれのケースに応じて具体例を挙げて解説します。

■具体例1:損失を限定する場合
 まずは、損失を限定したい場合です。

 保有している買い建玉、あるいは売り建玉について、いつ為替相場が反転するかわからないので、ある一定の値段で逆指値注文を出しておき、予め損失を限定しておきたい場合に活用します。

<具体例1−@>
 今後、円安・ドル高が進行するだろうという予想から1ドル=110円で1万ドルを新規に買い建てた。

 しかし、思惑とは異なり、上値が重く横ばいに推移、持ち合い状態となる。

 いつ相場が急落するかわからないので、念のため、1ドル=109円で売り決済の逆指値注文を出しておいた。

 不安は的中し、その後、ドル売りが優勢となり、1ドル=108円まで下落。

 が、1ドル=109円で売り決済注文が執行され、損失は1円(10,000円)に限定された。

<具体例1−A>
 今後、円安・ドル高が進行するだろうという予想から1ドル=110円で1万ドルを新規に買い建てた。

 しかし、思惑とは異なり、上値が重く横ばいに推移、持ち合い状態となる。

 いつ相場が急落するかわからないので、念のため、1ドル=109円で売り決済の逆指値注文を出しておいた。

 不安は取り越し苦労で、その後1ドル=111円まで円安・ドル高が進行。

 1ドル=109円の逆指値注文は執行されず、1ドル=111円で返済売り、1円(10,000円)の利益確定に成功した。


 以上、具体例1−@、Aを示しましたが、1万円なら1万円とあらかじめ許容損失額を決めておけば、自分の建てたポジションに対して、どのような逆指値注文を出しておけばよいか自動的に決まるはずです。

 逆指値注文で注意すべき点は、現在の為替レートに近いところで逆指値注文を出しておくと、ちょっとした相場の変動で一瞬だけ逆指値に達して売買が成立してしまう事態が発生することです。

 逆指値はあくまでも安全弁と考えて、現在の為替レートから少し離れたところに設定しておいた方がいいでしょう。

■具体例2:一定の利益を確保した上で、更に利益を追求したい場合
 次は、一定の利益を確保した上で、更に利益を追求したい場合です。

 保有している買い建玉、あるいは売り建玉について、為替相場が思惑通り推移しているので、建玉を決済せずに利益を追求したいが、いつ為替相場が反転するかわからないので、ある一定の値段で逆指値注文を出しておき、予め一定の利益は確保しておきたい場合に活用します。

<具体例2−@>
 今後、円安・ドル高が進行するだろうという予想から1ドル=110円で1万ドルを新規に買い建てた。

 思惑通りの相場展開となり、1ドル=112円まで上昇。

 まだ相場は上昇しそうだが、いつ反転するかわからないので、念のため1ドル=111円で売り決済の逆指値注文を出しておいた。(この時点で最低1円(10,000円)の利益は確保できた。)

 やはり相場は反転し、1ドル=109円まで下落したが、1ドル=111円で売り決済注文が執行され、1円(10,000円)の利益が確保できた。

 逆指値注文を出しておかなければ、利益の確保どころか、1円(10,000円)の評価損になるところだった。

<具体例2−A>
 今後、円安・ドル高が進行するだろうという予想から1ドル=110円で1万ドルを新規に買い建てた。

 思惑通りの相場展開となり、1ドル=112円まで上昇。

 まだ相場は上昇しそうだが、いつ反転するかわからないので、念のため1ドル=111円で売り決済の逆指値注文を出しておいた。(この時点で最低1円(10,000円)の利益は確保できた。)

 しかし上昇基調は強く、更に上昇して1ドル=113円となり、1ドル=111円の逆指値注文は執行されず、評価益は3円(30,000円)に拡大した。

 そこで、逆指値注文の価格を1ドル=112円に引き上げて2円(20,000円)の利益を確保しつつ、更に利益を追求することにした。

<逆指値注文の活用例A(レンジブレイク)>
 逆指値注文の活用方法としては、先述の保有建玉のリスク管理(損失限定、あるいは、一定の利益を確保した上で更なる利益追求)の他にも、レンジブレイクをとらえて新規建玉注文をする方法があります。

 レンジブレイク注文とは、レンジ抜けの買いあるいは売りのことで、相場がもみ合い状態となり、ボックス圏からの抜け、もしくは以前に付けた高値と安値の抜けを想定し、相場のトレンドの転換点を狙う方法のことです。

 例を示して解説した方がわかりやすいと思うので、具体例を示します。

■具体例1:レンジ抜けの買いの場合
 ドル・円相場が1ドル=110円から112円のボックス相場になり、一進一退の展開が続いている。

 このボックス圏を抜けて上値を追いかけるような展開になれば、より大きな上昇が期待できそうだと予想し、1ドル=112円50銭で1万ドル買い逆指値注文を出しておいた。

 その後、1ドル=112円のレンジ抜けをし、1ドル=112円50銭をつけたところで買い注文が執行され、思惑通り新規に買うことができた。

 さらにその後、思惑通り上値追いの展開となり、1ドル=113円50銭まで相場が上昇し、1円(10,000円)の評価益となる。

■具体例2:レンジ抜けの売りの場合
 ドル・円相場が1ドル=110円から112円のボックス相場になり、一進一退の展開が続いている。

 このボックス圏の下値抵抗線1ドル=110円を突破すると、下落に拍車がかかるだろうと予想し、1ドル=109円50銭で1万ドル売り逆指値注文を出しておいた。

 その後、1ドル=110円のレンジ抜けをし、1ドル=109円50銭をつけたところで売り注文が執行され、思惑通り新規に売ることができた。

 さらにその後、思惑通り下落に拍車がかかり、1ドル=108円50銭まで下落、1円(10,000円)の評価益となる。


 2つの注文を同時に出す方法として、他にイフ・ダン(IFD)注文という方法がありますが、まったく使用目的が異なりますので、よく理解してからご利用ください。

 OCO注文の活用例としては、利食い注文と損切り注文を同時に出しておき、思惑通りに為替相場が動いたときには確実に利益確定を、思惑とは反対に為替相場が動いたときには着実にロスカットをしたい場合などが想定されます。

 例えば、1ドル=120円00銭で買いポジションを持っている場合、OCO注文を活用し、120円50銭で利食い指値注文を、119円50銭で損切り逆指値注文を出しておけば、寝ている間に為替相場が大きく動いても、50銭の利益確定又は損切りが確実に行えます。

 片方の注文が成立すると、もう片方の注文が自動的にキャンセルされるので安全です。


管理人おすすめFX業者
(サイバーエージェントFXはオンライ口座開設が可能です!)
取引会社名
取引コスト
(手数料+スプレッド)

オンライン入出金 オンライン口座開設
サイバーエージェントFX

1,000通貨単位の取引が可能

米ドル1万ドル当たり
往復80円


三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
イーバンク銀行
ジャパンネット銀行

すべて対応、しかも無料


■サイバーエージェントFXの口座開設キャンペーン
 1.キャンペーン期間中に口座開設を完了
 2.口座開設完了後30日以内に、初回入金30万円以上と外貨exの場合1回1万通貨以上のお取引

初回入金額 キャッシュバック金額
30万円以上50万円未満 3,000円キャッシュバック!
50万円以上1,00万円未満 5,000円キャッシュバック!
100万円以上150万円未満 10,000円キャッシュバック!
150万円以上200万円未満 15,000円キャッシュバック!
200万円以上 20,000円キャッシュバック!


 期間限定キャンペーンです!


■サイバーエージェントFXのオンライン口座開設の手順

@ サイバーエージェントFXのオンライン口座開設のコーナーにアクセスする。
A サイバーエージェントFXの約款・規定に同意する。
B 名前・住所・銀行口座など必要事項を登録する。
C 身分証明のコピーを送付する(FAXまたは郵送)。
D サイバーエージェントFXから口座開設通知書が送られてくる(1週間程度後)。

 口座開設の手続きは、これだけです。