このコーナーは、外貨による資産運用を検討している初心者の方のために、外貨預金の魅力、リスク、外貨預金にかかる手数料などのコスト、その他、外貨預金に必要な知識などの解説を行っています。また、格安手数料で、なおかつ、できるだけローリスクで外貨預金をする裏技の紹介も行っています。
コンテンツ

■株式投資! TOP

■外貨預金の始め方 TOP

■外貨預金の魅力
 外貨預金の魅力
 外貨預金は高利回り
 外貨預金は為替差益を得られる
 外貨預金は国際分散投資になる
 外国通貨は倒産リスクがない
 為替市場は世界で一番公平

■外貨預金のリスク
 外貨預金のリスク
 外貨預金は為替手数料が高い
 為替差損のリスクがある
 満期前は解約手数料がかかる
 管理人の外貨預金失敗談

■外貨預金を格安手数料・
      ローリスクで行う裏技

 FX業者を使え!
 FX業者は手数料が格安
 金利は日払い
 外貨預金とFXの金利比較
 少額取引も可能
 24時間取引できる
 ストップロス注文が活用できる
 ストップロス注文の活用方法@
 ストップロス注文の活用方法A
 外貨預金とFXの比較
 FX業者を利用していれば・・

■FX業者の紹介

 FX業者選択のポイント
 おすすめFX業者@
 おすすめFX業者A
 少額取引が可能なFX業者
 FX業者取引コスト比較
 FX業者スワップポイント比較
 FX業者入出金の利便性比較
 FX業者の信頼性比較
 口座開設キャンペーンでタダで現金がもらえる(投資資金捻出)!


FX業者スワップポイントで比較

 外貨投資は、為替差益を狙えることが大きな魅力ですが、その他に高金利通貨への投資に魅力を感じる方も多いでしょう。
 
 そういった方は、スワップポイントが有利に設定されているかも、取引業者を選択する上で気になるポイントです。

 スワップポイントは、同一時点でも、あるAという業者では「米ドル1万ドル買い+88円、売り−88円」、Bという業者では「米ドル1万ドル買い+88円、売り−91円」、「Cという業者では「米ドル1万ドル買い+44円、売り−88円」といったように、業者によって設定が大きく異なります。
 
 買いスワップと売りスワップの絶対値の差額が業者の利益となっているので、絶対値の差額がなるべく小さい業者を選択することが投資家にとって有利になります。

 特に、スワップポイントによる利回り狙いの長期スタンスの取引を考えている方は、スワップポイントが有利に設定されている業者を選択すると良いでしょう。

 なお、スワップポイントは日々変動しますが、買いスワップと売りスワップの絶対値の差額は、業者ごとに一定となっています。

 以下の表で、1,000通貨単位の少額取引が可能なFX業者の、米ドル/円のスワップポイントの比較表を掲載しておりますので、皆さんのFX業者選びに是非ご活用下さい。


FX業者のスワップポイント比較表
(2008年1月26日時点、米ドル1,000ドル取引の場合)
取引会社名
買いスワップ

売りスワップ
差額 取引コスト
(手数料+
スプレッド)
無料資料請求
サイバーエージェントFX +8.8円 −9.1円 3円 70円

■FX業者のオンライン口座開設の手順

@ FX業者のオンライン口座開設のコーナーにアクセスする。
A 約款・規定に同意する。
B 名前・住所・銀行口座など必要事項を登録する。
C 身分証明のコピーを送付する(FAXまたは郵送)。
D FX業者から口座開設通知書が送られてくる(1週間程度後)。


口座開設の手続きは、これだけです。