このサイトは、生命保険、医療保険、自動車保険など各種保険について、自分の家族に本当に必要な保障内容を加入者自らが考え(生保レディの言いなりではなく)、その保障内容を最も安く提供してくれる保険会社と契約を結ぶための知識やノウハウを提供しています。これから生命保険・自動車保険への加入を検討している方、今自分が加入している保険の保険料が高いと感じている方にとって、参考となる情報が提供できれば幸いです。
コンテンツ

■株式投資!TOP

■生命保険加入・節約・見直し
  ガイドTOP


■生命保険の加入・節約
<生命保険加入の検討前に>

 生命保険は何のために入るのか
 生命保険加入を検討する前に
 公的年金制度の仕組み
 遺族年金制度とは
 遺族基礎年金制度
 遺族厚生年金制度
 中高齢寡婦加算制度
 遺族年金受給の具体例
 遺族年金制度まとめ

<必要補償額を計算しよう>
 必要保障額とは
 今後の生活費
 高校卒業までの教育費
 大学進学費用
 住居費
 今後の収入、資産、退職金

<必要保障額のモデルケース>
 生命保険の加入を検討しよう
 30代前半妻子持ち会社員
 40歳代妻子持ち会社員

<生命保険の一括資料請求>
 生命保険の一括資料請求とは
 私の生命保険見直し体験談
 一括資料請求サイトの比較

■医療保険の加入・節約
<医療保険加入の検討前に>

 医療保険は何のために入るのか
 医療保険加入を検討する前に
 健康保険制度の仕組み
 高額療養費制度
 健康保険組合の付加給付
 傷病手当金制度
 定年後の健康保険
 医療費に関するデータ
 私の入院体験談
 健康保険制度まとめ

<医療保険のモデルケース>
 医療保険の加入を検討しよう
 自営業者の医療保険
 中小企業の会社員の医療保険
 大手企業の会社員の医療保険
 公務員の医療保険
 専業主婦の医療保険
 20代の医療保険

<医療保険の一括資料請求>
 医療保険の一括資料請求とは
 私の医療保険見直し体験談
 一括資料請求サイトの比較


私の医療保険見直し体験談

生命保険を一括見積もりできるサイト(無料)
運営会社 見積もり可能会社
(最大55社)
サイトリンク
保険比較の「保険市場」

保険代理店で
唯一の上場企業
アドバンスクリエイト!
アフラック、アメリカンホーム・ダイレクト、アリコジャパン、三井住友海上、
三井住友海上きらめき生命、損保ジャパン、損保ジャパンひまわり生命、
損保ジャパンDIY生命、チューリッヒ保険会社、チューリッヒ生命、
東京海上日動、東京海上日動あんしん生命、三井ダイレクト損保、ソニー損保、
アクサダイレクト、ジェイアイ傷害火災、AIU保険会社、ゼネラリ保険会社、
そんぽ24、富士火災、セコム損保、エース損保、太陽生命、
日立キャピタル損保、オリックス生命、ジブラルタ生命、
アリアンツ火災海上保険、AIGスター生命、日本興亜損保、ソニー生命、
アドリック損保、フコク生命、アクサ生命、ネクスティア生命、
東京海上日動フィナンシャル生命、ピーシーエー生命、住友生命、
ライフネット生命、マニュライフ生命、アイエヌジー生命、あいおい生命、
AIGエジソン生命、コファスジャパン、日本興亜生命、マスミューチュアル生命、
カーディフ生命保険会社、アトラディウス信用保険会社、
ユーラーヘルメス信用保険会社、富士生命、明治安田生命、
セゾン自動車火災、アニコム損保、エイチ・エス損害保険株式会社、
メディケア生命、SBI損害保険株式会社

 私はもともと、自分が就職したときに、会社に出入りしていた大手生命保険会社の生保レディに勧められるがままに、月々13,500円もの保険料を支払わなければならない終身保険に加入していました。

 「社会人になれば生命保険に加入するのは当たり前ですよ」、「みなさんだいたいこのぐらいの保険に加入していますよ」、「会社の団体扱いでうちと契約すると保険料が安くなりますよ」といったような、冷静に考えてみれば全く意味不明なセールストークに乗せられて、よく契約内容も吟味せずに加入していました。

 実際、私は、その保険契約の内容がどのようなものであったのか、死亡保険金が1,000万円、入院時の医療保障が日額1万円であったこと以外、現在でも説明することができません。

 わずかな満期金と、いろいろ特約が付いていたと思います。

 私の妻も同様に、就職したときに会社に出入りしていた大手生命保険会社の生保レディに勧められるがままに、月々11,500円もの保険料を支払わなければならない終身保険に加入していました。

 結婚したときに、2人が支払わなければならない生命保険料は、1か月25,000円にも上りました。

 月々25,000円の保険料を今後30年間支払い続けると仮定すると、合計で900万円(=25,000円×12ヶ月×30年)にものぼります。

 これは自動車の新車が3〜4台買えてしまう金額です。

 私たち夫婦は、契約内容もよくわからずに、このような大金を支払わなければならない契約書にハンコを押していたのです。

 そこで、私たち夫婦は第一子誕生を機会に、2人の生命保険の見直しを検討しました。

 検討のプロセスは以下のとおりです。


1.今後の自分たちの将来設計を考える
2.自分の家族にフィットした保険内容を考える
3.「保険市場」などのサイトから生命保険会社に一括資料請求する
4.自分の家族が必要とする保険を最も安く提供してくれる保険会社と契約をする


1.今後の自分たちの将来設計を考える
 まず、結婚を契機に、今後の自分たちの将来設計を考えました。


妻は子供が大きくなるまでは子育てに専念する(専業主婦)。
子供は2人欲しい。
子供は大学まで進学させたい。
住宅は転勤族なのでとりあえず社宅住まい。


2.自分の家族にフィットした保険内容を考える
 「保険は万が一の場合の金銭的リスクに備えるもの」との基本原則から、「一家の大黒柱が死亡した場合に備えるための死亡保険」、「家族が重病になった場合に備えるための医療保険」に限定して考えました。

 また、保険は資産形成や貯蓄が目的ではないから、掛け捨ての保険で良いと考えました。

 まず、医療保険は、夫の勤務先は(幸い)大手企業で、健康保険組合の付加給付が充実している(自己負担額は25,000円が上限)ので、1日5,000円程度の入院給付金の保険に夫婦2人が加入することにしました。

 そして、死亡保険は、必要補償額を算出し保険金は2,000万円、第2子が大学を卒業するまでの25年間(夫が30歳〜55歳までの期間)を保障期間としました。

3.「保険市場」などのサイトから生命保険会社に一括資料請求する
 「2.自分の家族にフィットした保険内容を考える」の検討結果を踏まえ、「保険市場」から複数社の生命保険会社に一括資料請求しました。

 そして、私が望む保障内容を提供してくれる保険会社がに早速資料請求をしました。

4.自分の家族が必要とする保険を最も安く提供してくれる保険会社と契約をする
 生命保険会社から送付されてきた資料を比較検討し、自分の家族が必要とする保険を最も安く提供してくれる保険会社と契約しました。

家計節約のための管理人オススメサービス(無料)
運営会社 特徴 サイトリンク
生命保険の無料相談
【保険マンモス】

保険会社に属さない中立的なファイナンシャルプランナーによる、
「保険料節約」「保障の充実」を両立させる無料相談サービスを全国展開。

特定商品を押し売りはせず、
数十社の保険会社の商品から厳選し最適な保険をお客様にご紹介。

一生で払う保険料が500万円減った方もいらっしゃいます。

保険比較の「保険市場」

保険代理店で
唯一の上場企業!

最大55社の生命保険を一括見積もり!
管理人は保険料を夫婦で月2万円→5,000円に節約できました!

もちろん無料サービス!

インズウェブ
最大20社の自動車保険を一括見積もり!
管理人は保険料を年間10万円→4万円に節約できました!
見積もりをすると500円分の商品券が必ずもらえる!

もちろん無料サービス!

インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
楽天カード
入会金・年会費永久無料!
ポイント還元率1%!
海外旅行傷害保険無料付帯!
入会すると2000Pがもれなくもらえるキャンペーン中!



 医療保険の一括資料請求をできるサイトは、(株)アドバンスクリエイト(上場企業)の他にも、(株)ウェブクルーが運営する保険スクエアbang!、などがあります。

 次のコーナーでは、これらのサイトについて、どの保険会社の資料請求が可能かを比較しています。


 → 医療保険の一括資料請求サイトの比較