このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
証券会社の評判、評価

 丸三証券の評判、評価
 マネックス証券の評判、評価
 ジョインベスト証券の評判、評価
 松井証券の評判、評価
 SBI証券の評判、評価
 コスモ証券の評判、評価
 岡三オンライン証券の評判、評価
 楽天証券の評判、評価
 エイチ・エス証券の評判、評価
 オリックス証券の評判、評価
 カブドットコム証券の評判、評価
 ジェット証券の評判、評価
 クリック証券の評判、評価
 リテラクレア証券の評判、評価
 そしあす証券の評判、評価



 

SBI証券の評価、評判、口コミ  無料資料請求はこちら

特徴

売買手数料は、業界最低水準。
ネット証券会社でIPO取扱実績はトップクラス。
IPOは主幹事証券の実績も多い。
資金力の少ない投資家に配慮したIPOチャレンジポイント制度がある。

株式売買手数料
(アクティブプラン)

約定代金
10万円

約定代金
20万円
約定代金
30万円
約定代金
50万円
約定代金
100万円

100円 200円 300円 400円 800円
即時ネット入金
三菱東京UFJ

三井住友銀行 みずほ銀行 ジャパンネット
銀行
楽天銀行 ゆうちょ銀行

無料

無料 無料 無料 無料 無料
出金
無料(オンライン出金の場合)

使えるサービス
会社四季報の情報が無料で閲覧できる。
最低売買代金、PER、PBR、ROE、増益率、自己資本比率、テクニカルシグナルなど、最新のデータを元に様々な条件で銘柄をスクリーニングできる機能が無料で使えます。

IPO取扱実績
2002年度

2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度

26

36 95 88 119 73
IPO抽選方法
特徴 : 資金力のある人が有利!資金力のない方はIPOチャレンジポイントを貯めること!


■配分予定数量の70%については、有効申込株数に応じた公平な抽選により決定。
 抽選にあたっては、抽選対象となる需要申告のお申し込み単元毎に番号(乱数)を付し、その番号を対象に抽選を行います。
 有効申込株数とは、ブックビルディング申込株数に対して、買付余力が確認できた株数のことです。
 例えば、ブックビルディング時に10株分の申込をしたが、抽選時に買付余力が5株分しかなかった場合には、5株分の抽選券が付与されるということです。
 申し込み株数に応じて抽選券が付与されるので、資金力がある人が有利な抽選制度ということです。

■残りの30%についてはIPOチャレンジポイントに応じて配分。
 IPOチャレンジポイントは、IPOに申込をして落選するごとに1P付与されるポイント制度です。
 残りの30%は、利用したIPOチャレンジポイント数の多いお客様から順に配分されます。
 つまり、資金力のない方でも、IPOチャレンジポイントを貯めれば確実にIPOが配分されるということです。

IPO資金拘束期間
公募価格決定日(=抽選日)の18時までに買付余力が必要
 抽選日までに入金すればよく、落選したら資金拘束が解除されるので、資金拘束期間は実質的に抽選日の1日だけと考えてよいでしょう。