このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
株式投資の心構え

株式投資の心構え!

 
株式投資の心構え
 株式と結婚するな
 1日1銘柄分析する
 欲張りは大敵
 資金計画の心構え
 余裕資金を残す
 利益の範囲で投資する
 誰でも儲かる時期
 誰でも損する時期
 株式投資のやめ時
 銘柄選択の心構え
 経営危機銘柄は避ける
 分散投資は困難
 ETFは優等生
 売買の心構え
 買いで勝負が決まる
 出口戦略を持つ
 利食い千人力
 値下がりへの対処方法
 ロスカット(損切り)の心構え
 損切りルールを決める
 長期放置は最悪
 休むも相場
 株式投資がスランプの時
 投資期間の心構え
 ウォーレン・バフェットに学ぶ
 基本は中期投資
 短期投資も駆使する
 相場格言集



 

損切りルールを決める

 ロスカットを上手にするための秘訣は、あらかじめルールを決めておくことだと思います。

 ロスカットするということは、自分の判断ミスを認め、損失を確定する作業をするということですから、なかなか決断できないのが普通です。

 また、ロスカットした途端に株価が上昇し、悔しい思いをするといった経験をすると、更に判断が難しくなります。

 ルールを持たずにロスカットの判断をすることは非常に難しいことなのです。

 ですから、あらかじめロスカットのルールを決めておくことが大事です。

 例えば、「買値から10%下がったらロスカットする」などでもよいと思います。

 見通しを誤ったときは、素直に自分のミスを認め、あらかじめ決めたルールに従い粛々とロスカットをすることが、損失を最小限に抑える最も効果的な手段です。

 ロスカットは、利益を出すために必要な行為の一つなのだと考えましょう。

 「もう少し待てば戻すかもしれない」と期待しているうちに、ずるずると損失を拡大させてしまうようなミスは避けなければなりません。

 ちなみに、私のロスカットルールは、

 買値から10%下げたらロスカット
 買った日の終値が自分の買値以下だったら、損益分岐点で指値売却注文を出す

 というルールを決めています。

 ルールを決めていても、実行することは非常に難しいですが・・・。

 だからこそ、最低限ルールは決めておく必要があるでしょう。


管理人おすすめ証券会社は楽天証券
証券会社名
約定代金
10万円以下

約定代金
20万円以下
約定代金
30万円以下
約定代金
50万円以下
約定代金
100万円以下
無料資料請求
岡三オンライン証券 99円 100円 300円 300円 500円

■業界最低水準の取引手数料!


■リアルタイム入金(無料)
 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行
 りそな銀行、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、住信SBIネット銀行


■投資情報
 個別銘柄の投資情報レポート、アナリストレーティングが無料で閲覧できる!


■取引ツール
 岡三ネットトレーダーが無料で利用できる