このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
株式投資の心構え

株式投資の心構え!

 
株式投資の心構え
 株式と結婚するな
 1日1銘柄分析する
 欲張りは大敵
 資金計画の心構え
 余裕資金を残す
 利益の範囲で投資する
 誰でも儲かる時期
 誰でも損する時期
 株式投資のやめ時
 銘柄選択の心構え
 経営危機銘柄は避ける
 分散投資は困難
 ETFは優等生
 売買の心構え
 買いで勝負が決まる
 出口戦略を持つ
 利食い千人力
 値下がりへの対処方法
 ロスカット(損切り)の心構え
 損切りルールを決める
 長期放置は最悪
 休むも相場
 株式投資がスランプの時
 投資期間の心構え
 ウォーレン・バフェットに学ぶ
 基本は中期投資
 短期投資も駆使する
 相場格言集



 

損切りは恥ではない

 100戦100勝の投資家など、この世にはいません。

 プロの投資家でさえも、必ず、負ける(損失を出す)経験をしています。

 また、株式投資の損益は、必ずしも勝率に比例するものではありません。

 株式投資は、勝ち点ゲームではなく、得失点差ゲームなのです。

 10戦して6勝4敗で損する人もいれば、10戦して4勝6敗で利益を上げる人もいます。

 この差はなぜ生じるのでしょうか?

 それは、損切り(ロスカット)に対する姿勢の違いです。

 株式投資をしていれば、思惑通り株価が動くこともあれば、思惑と反対に株価が動くこともあります。

 株価が思惑通り動けば、誰でもそれなりに儲けることができます

 しかし、株価が思惑通りに動かなかった場合にどのように対処するかで、相場の世界で生き残ることができるか、逆に相場の肥やしとされてしまうかの差が出るのです。

 10戦して9勝1敗だとしても、9勝の合計利益が9万円で最後の1敗で10万円の損失を出せば、トータルでは1万円の損失なのです。

 逆に、10戦して1勝9敗だとしても、9敗の合計損失が9万円で最後の1勝で10万円の損失を出せば、トータルでは1万円の利益なのです。

 損失の額を如何に抑えるか。

 すなわち、ロスカットが如何に上手にできるか。

 そのためには、ロスカットを恥じであると考えない、恐れないという姿勢が大切です。

 ロスカットは、利益を出すために必要な行為の一つなのです。

 私は、利食いのタイミングよりも、損切りのタイミングが遅いので、損失を出すと大きな損失を出してしまう習性があります。

 10勝分の利益を、1敗で飛ばしてしまうことが良くあります。

 偉そうなことを言っていますが、私自身、損切り下手で苦労しています。


管理人おすすめ証券会社は楽天証券
証券会社名
約定代金
10万円以下

約定代金
20万円以下
約定代金
30万円以下
約定代金
50万円以下
約定代金
100万円以下
無料資料請求
岡三オンライン証券 99円 100円 300円 300円 500円

■業界最低水準の取引手数料!


■リアルタイム入金(無料)
 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行
 りそな銀行、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、住信SBIネット銀行


■投資情報
 個別銘柄の投資情報レポート、アナリストレーティングが無料で閲覧できる!


■取引ツール
 岡三ネットトレーダーが無料で利用できる