このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
株式投資の心構え

株式投資の心構え!

 
株式投資の心構え
 株式と結婚するな
 1日1銘柄分析する
 欲張りは大敵
 資金計画の心構え
 余裕資金を残す
 利益の範囲で投資する
 誰でも儲かる時期
 誰でも損する時期
 株式投資のやめ時
 銘柄選択の心構え
 経営危機銘柄は避ける
 分散投資は困難
 ETFは優等生
 売買の心構え
 買いで勝負が決まる
 出口戦略を持つ
 利食い千人力
 値下がりへの対処方法
 ロスカット(損切り)の心構え
 損切りルールを決める
 長期放置は最悪
 休むも相場
 株式投資がスランプの時
 投資期間の心構え
 ウォーレン・バフェットに学ぶ
 基本は中期投資
 短期投資も駆使する
 相場格言集



 

株式投資で誰でも損する時期

 株式投資には、誰がやっても損する時があります。

 誰がやっても損する時は、過熱気味だった景気が失速し、株式相場が長い上昇相場を終え、大暴落した後、長い下げ相場に転じた時です。

 最近の例でいえば、ITバブル崩壊後に、株式相場が長い下げ相場となった時期でしょう。

 このような時期に株式投資をしても、よほどセンスのある人でない限り儲けることができません。

 景気失速が株価下落を加速し、株価下落が景気悪化を早めるという悪循環に陥り、株式投資には最悪の状況になります。

 このような誰がやっても損する時期は、保有株式を売却して、現金を高金利・高利回りで元本割れリスクのない国債や預貯金などにシフトしておきましょう。

 こういう時には、しばらく株式投資から離れて、次のチャンス(景気回復、株価上昇)を辛抱強く待つことが大切です。

 「休むも相場」という言葉もありますが、誰がやっても損する時期に株式投資から手を引くことができるかが、相場の世界で生き残るポイントであると言えるでしょう。


管理人おすすめ証券会社は楽天証券
証券会社名
約定代金
10万円以下

約定代金
20万円以下
約定代金
30万円以下
約定代金
50万円以下
約定代金
100万円以下
無料資料請求
岡三オンライン証券 99円 100円 300円 300円 500円

■業界最低水準の取引手数料!


■リアルタイム入金(無料)
 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行
 りそな銀行、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、住信SBIネット銀行


■投資情報
 個別銘柄の投資情報レポート、アナリストレーティングが無料で閲覧できる!


■取引ツール
 岡三ネットトレーダーが無料で利用できる