このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
株式投資の心構え

株式投資の心構え!

 
株式投資の心構え
 株式と結婚するな
 1日1銘柄分析する
 欲張りは大敵
 資金計画の心構え
 余裕資金を残す
 利益の範囲で投資する
 誰でも儲かる時期
 誰でも損する時期
 株式投資のやめ時
 銘柄選択の心構え
 経営危機銘柄は避ける
 分散投資は困難
 ETFは優等生
 売買の心構え
 買いで勝負が決まる
 出口戦略を持つ
 利食い千人力
 値下がりへの対処方法
 ロスカット(損切り)の心構え
 損切りルールを決める
 長期放置は最悪
 休むも相場
 株式投資がスランプの時
 投資期間の心構え
 ウォーレン・バフェットに学ぶ
 基本は中期投資
 短期投資も駆使する
 相場格言集



 

短期投資

 「長期投資に足る銘柄がみつからない」
 「中期投資をするタイミングかどうかよくわからない」

 このような場合は、短期投資を検討するしかありません。

 短期投資といっても、2〜3ヶ月ぐらいの期間のものから、デイトレードまで様々なものがあると思います。
 その中で、私は、1週間程度の期間の短期投資が適当だと考えています。

 私は、サラリーマンをしているので、デイトレードは物理的に不可能です。

 また、個人的な経験上、買って1週間程度で含み益が生じない銘柄は、その後もズルズル下げ続けることが多かったからです。
 反面、うまくいくときは、1週間程度で5〜10%程度のリターンを得ることができます。
 そして、2〜3ヶ月保有しても、その保有期間に比例したリターンを得ることができず、資金効率が悪いからです。

 例えば、直近の例ですと、
 私は7466SPKを2005年2月1日に1,507円で買いました。
 5営業日後の2月8日には、1,610円(+6.8%)まで上昇しました。
 その後、3月3日に1,670円(+10.2%)の高値をつけました。
 結局、その後値下がりして、5月6日に1,598円(+6.0%)で売却しました。

 資金効率の観点からは、2月8日のタイミングでの売却が最も効率的だったのです。
 5営業日後なのでちょうど1週間です。
 また、長く保有すればするほど、その銘柄に愛着がわいてしまい、売却のタイミングをミスジャッジしてしまうという弊害も発生します。
 結局、3ヶ月保有した挙げ句、1週間後に売却した場合よりも少ない利益で、売却するハメになりました。

 このような経験を何度か繰り返したため、私は、短期投資は1週間で行うというルールを決めました。

 1週間程度のスパンの短期投資は、

 「長期投資に足る銘柄がみつからない」
 「先行きの見通しが不透明で中期投資をするタイミングかよくわからない」

 というような状況下に適当な投資手法だと思います。

 超短期手法として、デイトレなどの手法がありますが、デイトレが物理的な不可能なサラリーマンの方も多いと思いますので、そのような方には、1週間ぐらいのスパンの短期投資が良いのではないでしょうか?



 この手法に対する御意見・御感想がございましたら、掲示板・投資日記どしどし投稿して頂けると幸甚です。


管理人おすすめ証券会社は楽天証券
証券会社名
約定代金
10万円以下

約定代金
20万円以下
約定代金
30万円以下
約定代金
50万円以下
約定代金
100万円以下
無料資料請求
岡三オンライン証券 99円 100円 300円 300円 500円

■業界最低水準の取引手数料!


■リアルタイム入金(無料)
 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行
 りそな銀行、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、住信SBIネット銀行


■投資情報
 個別銘柄の投資情報レポート、アナリストレーティングが無料で閲覧できる!


■取引ツール
 岡三ネットトレーダーが無料で利用できる