このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
証券会社選びのポイント
 
 証券会社選びのポイント1
 証券会社選びのポイント2
 初心者おすすめ証券会社
 丸三証券のメリット解説
 売買手数料比較
 ネット入金サービスとは
 ネット入金サービス比較
 
イーバンク銀行の解説
 
ジャパンネット銀行の解説 
 IPO取扱実績比較
 小額取引手数料無料
 1ヶ月定額手数料
 1日定額手数料

 

証券会社選びのポイント

 世の中には数多くの証券会社があります。規制緩和の進展により金融業界の競争が激化しており、数多くある証券会社も独自の手数料体系や様々なサービスを充実させています。

 特に、これから「株式投資を始めてみよう」という方は、「どこの証券会社に口座開設したらいいだろうか?」と必ず悩むと思います。

 そんな方のために、ここでは証券会社を選ぶときのポイントを解説したいと思います。

1.売買手数料の安い証券会社を選択する

 まずは、「売買手数料の安い証券会社を選択する」、これが重要なポイントです。

 株式投資をしていて一番ネックになるのは、証券会社から取られる売買手数料です。平均的な売買手数料は、手数料の安いネット証券でも、片道(買い・売りそれぞれ)0.1%程度の売買手数料がかかります。

 ですから、例えば、50円の株を1,000株買って、51円で売っても、売買手数料が往復で1,000円程度取られますから、利益にならないわけです。

購入価格 :  50円×1,000株= 5万円
売却価格 :  51円×1,000株= 5万1,000円
売買手数料 :  500円×2= 1,000円     ← 証券会社の利益!
損益 :  0円   ← 投資家は儲からない!?


 買った値段より高く売っているのにおかしいですよねー!しかも、何もリスクを取っていない証券会社が手数料で儲けているのです!!( ̄□ ̄;)!!

 ですからなるべく売買手数料の安い証券会社を選択するのが良いと思います。最も理想的なのは、売買代金や自分の投資スタイルに応じて手数料の最も安い証券会社を使い分けることです。

 売買手数料については、こちらのコーナーで複数の証券会社を比較分析していますので、是非御覧になって下さい。

 特に岡三オンライン証券は、1日の合計約定代金が10万円以下は売買手数料が無料(無期限)という抜群のサービスを提供しているので、文字どおりおすすめです!

 まさにこれから株式投資のビギナーの方で、まずは小額の取引から少しずつ慣れていこうと考えている方にピッタリの証券会社であると思います。

 私自身、株式投資のメインの取引口座は岡三オンライン証券です。(*^_^*)


管理人おすすめ証券会社は楽天証券
証券会社名
約定代金
10万円以下

約定代金
20万円以下
約定代金
30万円以下
約定代金
50万円以下
約定代金
100万円以下
無料資料請求
岡三オンライン証券 99円 150円 315円 315円 525円

■業界最低水準の取引手数料!


■リアルタイム入金(無料)
 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行
 りそな銀行、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、住信SBIネット銀行


■投資情報
 個別銘柄の投資情報レポート、アナリストレーティングが無料で閲覧できる!


■取引ツール
 岡三ネットトレーダーが無料で利用できる