このサイトは、生命保険、医療保険、自動車保険など各種保険について、自分の家族に本当に必要な保障内容を加入者自らが考え(生保レディの言いなりではなく)、その保障内容を最も安く提供してくれる保険会社と契約を結ぶための知識やノウハウを提供しています。これから生命保険・自動車保険への加入を検討している方、今自分が加入している保険の保険料が高いと感じている方にとって、参考となる情報が提供できれば幸いです。
コンテンツ

■株式投資!TOP

■生命保険加入・節約・見直し
  ガイドTOP


■生命保険の加入・節約
<生命保険加入の検討前に>

 生命保険は何のために入るのか
 生命保険加入を検討する前に
 公的年金制度の仕組み
 遺族年金制度とは
 遺族基礎年金制度
 遺族厚生年金制度
 中高齢寡婦加算制度
 遺族年金受給の具体例
 遺族年金制度まとめ

<必要補償額を計算しよう>
 必要保障額とは
 今後の生活費
 高校卒業までの教育費
 大学進学費用
 住居費
 今後の収入、資産、退職金

<必要保障額のモデルケース>
 生命保険の加入を検討しよう
 30代前半妻子持ち会社員
 40歳代妻子持ち会社員

<生命保険の一括資料請求>
 生命保険の一括資料請求とは
 私の生命保険見直し体験談
 一括資料請求サイトの比較

■医療保険の加入・節約
<医療保険加入の検討前に>

 医療保険は何のために入るのか
 医療保険加入を検討する前に
 健康保険制度の仕組み
 高額療養費制度
 健康保険組合の付加給付
 傷病手当金制度
 定年後の健康保険
 医療費に関するデータ
 私の入院体験談
 健康保険制度まとめ

<医療保険のモデルケース>
 医療保険の加入を検討しよう
 自営業者の医療保険
 中小企業の会社員の医療保険
 大手企業の会社員の医療保険
 公務員の医療保険
 専業主婦の医療保険
 20代の医療保険

<医療保険の一括資料請求>
 医療保険の一括資料請求とは
 私の医療保険見直し体験談
 一括資料請求サイトの比較


生命保険の必要保障額とは

家計節約のための管理人オススメサービス(無料)
運営会社 特徴 サイトリンク
生命保険の無料相談
【保険マンモス】

保険会社に属さない中立的なファイナンシャルプランナーによる、
「保険料節約」「保障の充実」を両立させる無料相談サービスを全国展開。

特定商品を押し売りはせず、
数十社の保険会社の商品から厳選し最適な保険をお客様にご紹介。

一生で払う保険料が500万円減った方もいらっしゃいます。

保険比較の「保険市場」

保険代理店で
唯一の上場企業!

最大55社の生命保険を一括見積もり!
管理人は保険料を夫婦で月2万円→5,000円に節約できました!

もちろん無料サービス!

インズウェブ
最大20社の自動車保険を一括見積もり!
管理人は保険料を年間10万円→4万円に節約できました!
見積もりをすると500円分の商品券が必ずもらえる!

もちろん無料サービス!

インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
楽天カード
入会金・年会費永久無料!
ポイント還元率1%!
海外旅行傷害保険無料付帯!
入会すると2000Pがもれなくもらえるキャンペーン中!



 生命保険(死亡保険)の加入・見直しの際に計算しなければならないのが、必要保障額(=死亡保険金をいくらに設定するか)です。

 必要保障額とは、一家の大黒柱を亡くした遺族が、その経済的損失を補い、一般的な生活を送るために必要な保障金額のことです。

 必要保障額は、家族構成や経済状況によって異なりますし、時が経つと変化しますので、変化に応じて見直すことが重要です。


■必要保障額の算出方法
 必要保障額は、次の式で算出されます。


必要保障額 = 今後の支出 − ( 今後の収入 + 資産 + 死亡退職金 )


 今後に想定される支出総額から、今後の収入、残された財産などを差し引いた純粋な不足額を、死亡保険金として補わなければならないというイメージです。


1.今後の支出
 今後の支出としては、生活費、子供の教育費、住居費などが主なものとして考えられます。

 通常、生活費と言えば、1ヶ月の家計の支出全体として把握している家庭も多いと思いますが、生命保険の必要補償額算定の際には、生活費、教育費、住居費を分けて考えた方が良いと思います。

 なぜかと言うと、住居費は、持ち家の場合と賃貸の場合とでは、今後の支出が大きく異なるからです。

 また、教育費は、現在はほとんどの人が高校まで進学をしていますが、大学等への進学率は約70%(文部科学省の調査によれば、平成15年度における大学、短大、高専、専門学校への進学率は72.9%)なので、それぞれのご家庭の教育方針に応じて、高校卒業までと大学進学の教育費を分けて考えた方が合理的です。

 これは、子供が高校卒業後に就職する場合と、大学等へ進学する場合と、家計の支出に大きな違いが生じるからです。


2.今後の収入、資産、退職金
 今後の収入としては、遺族年金と仕事による収入が考えられます。

 あと、残された資産と退職金も必要補償額を割り引く要素となります。




■まとめ
 以上のように、必要補償額は、「今後の支出」から「今後の収入」、「資産」、「退職金」を引いた不足額と言うことになります。

 それでは、各項目について具体的に見ていきましょう。

 → 今後の生活費
 → 高校卒業までの教育費
 → 大学進学費用
 → 住居費
 → 今後の収入、資産、退職金

家計節約のための管理人オススメサービス(無料)
運営会社 特徴 サイトリンク
生命保険の無料相談
【保険マンモス】

保険会社に属さない中立的なファイナンシャルプランナーによる、
「保険料節約」「保障の充実」を両立させる無料相談サービスを全国展開。

特定商品を押し売りはせず、
数十社の保険会社の商品から厳選し最適な保険をお客様にご紹介。

一生で払う保険料が500万円減った方もいらっしゃいます。

保険比較の「保険市場」

保険代理店で
唯一の上場企業!

最大55社の生命保険を一括見積もり!
管理人は保険料を夫婦で月2万円→5,000円に節約できました!

もちろん無料サービス!

インズウェブ
最大20社の自動車保険を一括見積もり!
管理人は保険料を年間10万円→4万円に節約できました!
見積もりをすると500円分の商品券が必ずもらえる!

もちろん無料サービス!

インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
楽天カード
入会金・年会費永久無料!
ポイント還元率1%!
海外旅行傷害保険無料付帯!
入会すると2000Pがもれなくもらえるキャンペーン中!