このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
株式投資を始めよう
 
 株式投資を始めよう
 株式投資の魅力
 株式投資のリスク
 恐怖心の克服
 習うより慣れろ
 資金計画を立てる
 証券口座をつくる
 手数料無料フル活用
 株式投資に関わる税金
 特定口座とは
 MRFとは
 高利回りのMRF
 会社四季報を準備
 日経会社情報を準備
 達成可能な目標を立てる
 株式投資に役立つ雑誌

 銘柄選択に困ったら


 

株式投資に関わる税金

 株式投資で利益を挙げた場合、その利益は所得になるわけですから、当然税金がかかります。株式投資に関わる税金は、譲渡所得(売却益)にかかる税金と、配当所得にかかる税金の2種類があります。

 ここでは、これらの株式投資に関わる税金について説明します。

1.譲渡所得にかかる税金 ⇒ 2007年12月31日まで税率10%

@ 税率

 
譲渡所得は株を売買して儲けた場合の利益のことで、売買手数料は利益から控除されます。
 譲渡所得にかかる税率は、現在は軽減税率が適用されており10%(所得税7%、住民税3%)です。
 2008年1月1日以降は20%(所得税15%、住民税5%)になる予定です。


A 損失の繰越控除
 
株式の売却損は、同一年の他の株式の売却益と相殺されますが、相殺しきれない金額は、翌年以降3年間にわたって、確定申告することで株式等の譲渡所得から繰越控除できます。

B 20万円以下の譲渡所得の場合
 
サラリーマンの方の副収入については、合計20万円以下の場合は確定申告が不要
とされています。
 つまり、会社の給料の他に株式投資などの副収入がある場合、その合計が20万円までなら
税金を払う必要がないわけです。(参考サイト 国税庁タックスアンサー)


2.配当所得にかかる税金 ⇒ 2008年3月31日まで税率10%

@ 税率

 配当所得にかかる税率は、現在は軽減税率が適用されており10%(所得税7%、住民税3%)です。
 2008年4月1日以降は20%(所得税15%、住民税5%)になる予定です。

A 配当所得の税額控除
 課税総所得金額が1,000万円以下の方は配当所得の10%が税額控除されます。
 現在の配当所得にかかる税率は10%ですから、つまり、配当所得の税金は払わなくていいわけです。
 配当金は、所得税が源泉徴収されますので、確定申告をすれば源泉徴収された税金を取り戻すことができます。(参考サイト 国税庁タックスアンサー)

3.消費税は?

 株式の売買そのものには消費税はかかりません。しかし、売買手数料には消費税がかかります。ですから、例えば、売買手数料が1,000円の場合は、消費税込みで、実際には1,050円かかります。

 現在は、消費税は総額表示制度になっているので、証券会社が提示している売買手数料に消費税が内税として含まれていると思います。


管理人おすすめ証券会社は楽天証券
証券会社名
約定代金
10万円以下

約定代金
20万円以下
約定代金
30万円以下
約定代金
50万円以下
約定代金
100万円以下
無料資料請求
楽天証券 145円 194円 -円 358円 639円

■新規口座開設キャンペーン(期間限定!)
 新規口座開設+5万円以上の入金で3,100円相当の楽天ポイントがもれなくもらえる


■リアルタイム入金(無料)
 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行と対応

■投資情報
 会社四季報(電子版)が無料で閲覧できる!


■取引ツール
 MRF残高30万円以上で、マーケットスピードが無料で利用できる