自動車は高い買物ですし、維持費もかかります。しかし、自動車は一家に一台、一人に一台というこの時代、自動車は生活していく上で必要不可欠なものです。当サイトでは、自動車を安く購入し、自動車の維持費を節約することにより、コストを抑えて無理なく自動車を所有し、安全運転で楽しいカーライフの実現を提案しています。
コンテンツ

■TOPページ

■運転免許を格安で取得する
 運転免許を取得しよう!
 運転免許の取得方法
 合宿免許は格安費用
 合宿免許料金に含まれる費用
 合宿免許は短期間で取れる
 合宿免許のその他の魅力
 合宿免許と通学の徹底比較
 免許取得の注意点


■中古車を安く購入しよう!
 自動車を安く買う!
 中古車の魅力・メリット(安い)
 中古車の魅力・メリット(その他)
 中古車を探す方法
 おすすめはガリバー
 新車を安く買うコツ


■自動車保険を節約する
 一括見積もり比較で節約

 おすすめはインズウェブ
 一括見積もりサイトの徹底比較
 私の一括見積もり体験談
 一括見積もり利用の注意点

■自賠責保険の内容を知ろう
 自動車保険を節約する!
 自賠責保険とは
 自賠責保険の補償内容・保険料
 自賠責保険の節約方法

■自動車保険の内容を知ろう
 自動車保険の任意保険とは
 ノンフリート等級とは
 リスク細分型自動車保険とは
 自動車保険の内容を知ろう
 対人賠償保険とは
 対物賠償保険とは
 人身傷害補償保険とは
 搭乗者傷害補償保険とは
 自損事故保険とは
 無保険者傷害保険とは
 車両保険とは
 車両保険の節約の検討
 自動車保険の使える特約
 自動車保険を組み立てよう


■ガソリン代を節約しよう!
 ガソリン代節約の重要性
 ガソリン代節約のポイント
 クレジットカードで給油割引
 自動車の手入れで燃費向上
 燃費が向上する運転技術
 公共交通手段と比較する

■給油割引付クレジットカード
 出光まいどプラスカード
 NTTグループカード
 ENEOSカード
 シェルスターレックスカード


■高速料金の節約
 ETCで高速料金の節約
 ETC割引制度の解説
 管理人のETC割引活用例
 高速料金の節約の裏技

■維持費その他の節約方法
 基本は安全運転
 駐車違反は厳禁

■自動車は本当に必要か?
 自動車は本当に必要か?
 自動車の所有を検討する
 レンタカーの活用を検討する

自動車は本当に必要か?

 少し前までは、自動車は一家に一台というのが当たり前でしたが、モータリゼーション化の進展により、最近では「大人一人に一台」というのが一般的になりつつあります。

 また、「自動車はステイタス」という思いから、「どうせ乗るならなるべく高級車でかっこいい車」という方も多いのではないでしょうか?

 しかし、よく考えてみてください!

 TOPページでも記述しましたが、自動車を購入するには、中古車で車種にこだわらなかったとしても、本体費用、オプション費用、諸経費、税金などで100万円単位のお金が必要です。

 新車で、自分の気に入った車種を選択すれば、200〜300万円程度の資金が必要です。

 しかも、自動車は消耗品ですので、10年後に下取りに出せばほとんど無価値です。

購入費用
車両本体価格 2,100,000円
オプション 330,000円
自動車取得税 90,000円
自動車税 40,000円
自動車重量税 60,000円
自賠責保険 40,000円
登録・諸費用 40,000円
合計 2,800,000円

 購入資金もさることながら、見落としがちで馬鹿にできないのが維持費です。

 自動車の維持費は、駐車場代が20,000円/月とすると年間約60万円、10,000円/月とすると年間約50万円、タダだとしても年間約40万円の費用がかかります。

 1月当たりで考えると、約3〜5万円の維持費がかかるというわけです。

維持費(1年当たり)
駐車場代(東京近郊想定) 240,000円
ガソリン代 120,000円
自動車税 40,000円
車検費用 30,000円
自賠責保険 14,000円
任意保険 150,000円
その他費用 50,000円
合計 644,000円


 以上を踏まえると、月収が30万円のサラリーマンだとすると、新車を購入するには10か月分の給料が必要で、自動車を維持し続けるには月収の10分の1〜6分の1程度の費用がかかるのだということがわかります。

 ですから、自動車の購入を検討する際には、本当に必要かどうかをよ〜く検討してください。

 「自動車は大人一人に一台」、「自動車はステイタス」などといった常識やプライドを捨て、自分にとって自動車が真に必要なツールかどうかを冷静に検討しましょう。