このサイトは、株式投資の魅力、株式投資のリスク、証券口座の開設の方法、心構えなどを紹介しています。また、管理人の保有銘柄、投資実績、注目銘柄も公開しています。訪問者の方々と、情報交換や喜怒哀楽の共有ができたら幸いです。
株式投資の心構え

株式投資の心構え!

 
株式投資の心構え
 株式と結婚するな
 1日1銘柄分析する
 欲張りは大敵
 資金計画の心構え
 余裕資金を残す
 利益の範囲で投資する
 誰でも儲かる時期
 誰でも損する時期
 株式投資のやめ時
 銘柄選択の心構え
 経営危機銘柄は避ける
 分散投資は困難
 ETFは優等生
 売買の心構え
 買いで勝負が決まる
 出口戦略を持つ
 利食い千人力
 値下がりへの対処方法
 ロスカット(損切り)の心構え
 損切りルールを決める
 長期放置は最悪
 休むも相場
 株式投資がスランプの時
 投資期間の心構え
 ウォーレン・バフェットに学ぶ
 基本は中期投資
 短期投資も駆使する
 相場格言集



 

辛抱強く待つ
 自分が注目している銘柄の株価を毎日チェックしていると、「とにかく買ってみたい」という衝動に駆られると思います。

 しかし、安易な妥協で飛びつくと、思惑が外れた場合に、金銭的にも、精神的にも大きなダメージを受けます。

 例えば、1,000円の銘柄を「900円になったら買おう」と思って待っているとします。

 この銘柄が値下がりして950円ぐらいなると、
 「950円が底なのでは?」
 「ここから反転したら、絶好の機会を逃すことになる」
という思いに駆られます。

 ここで、950円で買ったとします。

 予想どおり950円から反転上昇すれば良いのですが、そこから更に900円まで下落してしまった場合、

 「何で初志貫徹できなかったんだ・・・」
 「当初の予定どおり、900円で買えば、今頃含み損で苦しむこともなかったのに・・・」
 「あせって950円なんかで買うんじゃなかった・・・」

と後悔の念と含み損という現実が残ります。

 逆に、950円から反転上昇した場合は、後悔の念は残るでしょうが、含み損が残るわけではありません。

 「また次の機会まで待てば良い」
 「別の銘柄で自分の狙いどおり買える銘柄を探そう」
 「この銘柄とは縁がなかったのだ」

と心の整理さえできれば良いのです。

 もちろん、当初の予定どおり、900円で買っても、それから更に値下がりする可能性もあります。

 しかし、焦って飛びついて高値づかみした場合に比べて、精神的なゆとりは大きく違うものなのです。

 「待ちて逃がすはよし、いら立ちて損するなかれ」という相場格言もあります。

 何も焦って儲けようとする必要はありません。

 3ヶ月に1回5%の利益を出す売買ができれば、年間20%の利回りが取れるのです。

 往年の投資家・相場師は、本当のバーゲンセールが訪れるまで、5年でも10年でも待っているそうです。

 そして、本当に安いと思える価格になったときに、大量に株を買い、数年寝かせて資金を何十倍にもするそうです。
 
 例えば、日経平均が8,000円割れをした2003年5月から1年ほどで5倍から10倍になった銘柄は数多くありるのです。

 辛抱強く待つこと、これは相場の極意と言えるでしょう。

 私自身、辛抱強く待つことができずに焦って飛びついた銘柄が、買った瞬間に含み損という経験がよくあります。
 
 自分自身に対する反省もこめて記述しました・・・。(~_~;)

相場格言
待ちて逃がすはよし、いら立ちて損するなかれ
相場に過去はない 相場は明日もある

■待ちて逃がすはよし、いら立ちて損するなかれ
 相場は逃げません、明日もあります。安易な妥協をしない事が大切です。望む株価まで忍耐できず、焦って飛び付いたり、銘柄分析を怠ったりする事は大損の種を蒔くようなものです。「売り買いは三日待て」と言う言葉の様に、焦らず慌てず、しっかりとした確信を土台に場に臨みたいものです。

■相場に過去はない 相場は明日もある
 株式投資では、「あの時、あの株を買っておけば儲かったのに・・・。」とか、「あの時、売っておけば、塩漬けにならずにすんだのに・・・。」と、後悔しても仕方がありません。
 相場は明日もありますし、投資銘柄もたくさんにあります。いたずらに過去のことを思い返すのでなく、前向きの姿勢が大切です。


管理人おすすめ証券会社は楽天証券
証券会社名
約定代金
10万円以下

約定代金
20万円以下
約定代金
30万円以下
約定代金
50万円以下
約定代金
100万円以下
無料資料請求
岡三オンライン証券 99円 100円 300円 300円 500円

■業界最低水準の取引手数料!


■リアルタイム入金(無料)
 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行
 りそな銀行、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、住信SBIネット銀行


■投資情報
 個別銘柄の投資情報レポート、アナリストレーティングが無料で閲覧できる!


■取引ツール
 岡三ネットトレーダーが無料で利用できる